ブログパーツ

ジュエリーの展示会に行きました。明日も行きそうです。うぐぐ。

今日はDesire Jewellery & Silversmithing Fair ていうジュエリーと銀製品の展示会に行ってみたよ。

最近ネットで調べものしてて見つけたアプリで、都市と興味のある分野を登録すると、その都市で開催されるその分野のイベント情報が見れるのがあって。それ見てて知った展示会なのです。これは便利!
アプリ

ジュエリーの作家さんたちがブースに自分の商品を並べてて。作家さんと直接お話しして買えるのがこの展示会の魅力ということらしい。チェルシーにあるOld Town Hallで今日から3日間やってるの。
この場所自体もステキ。ファッションショーや結婚式にも使われたりするんだって。
会場

ブースが80ぐらいあって。いいなーって立ち止まって見たブースは3つ、それぞれで作家さんのカードをもらってきたよ。並べてみると3つとも雰囲気似てるかな。
card

いちばん上は、シーグラス(海によく落ちてる青や緑のガラス瓶が割れて摩耗したカケラ)を使ったジュエリー作ってる人で。海で拾ったそのままの形なんだけど、まん丸の飴玉みたいなシーグラスがあって。すごくかわいかった。

真ん中のは、カードの真ん中に映ってるローズカットのグレーダイヤモンドがキラキラで。台座と腕の色合いとの組み合わせも、形のバランスもなんだかかわいくて好みだった。でもお値段はかわいくなかったー。

下のは、シンプルなデザインが多くて、石もそんな高い種類の石じゃないんだけどキレイで。普通のようでいて洗練されて見える気がするの。カードには映ってないんだけど、石を使ってないシルバーリングで、ものすごーく気になったのがあって。家に帰ってきてもまだ気になってて。その人のサイト見てたら欲しいものが増えちゃった。もしかしたら明日買いに行ってしまうかもしれない。

そのリングに心惹かれながらも、現金ぜんぜん持ってなかったし。とりあえず気持ちを落ち着かせようとチェルシーの街を少しお散歩して今日の外出は終了です。

じつは今日が初めましてのテムズ川
初テムズ
空の青色が写ってキレイな色に見えるけど、そばで見ると茶色い水だよ。

この辺は作家さんが好んで住んだ街なんだって。
クマのプーさんの生みの親、A. A. Milneという人が住んでた家だってこれ↓青丸の看板みたいなやつが目印。
Milne

こっちはOscar Wilde。「幸福な王子」とか「ドリアン・グレイの肖像」とか書いた人。
oscar

19世紀の人が住んでたんだよ。住居跡じゃなくて住居がそのまま残ってて、しかも現役ぽいのがすごいねぇ。実際、こういう著名人が住んでた家に今は一般の人が住んでたりするみたい。子孫とかじゃなくて。

今日はよく晴れてお出かけ日和だったけど。ここ数日クシャミがひどくて喉がイガイガするのは、いろんな花が咲いて花粉が飛んでるせいなのかな?
花
ちょっとツライ。
関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

コメント

ジュエリー展いいね~!
こんな素敵な場所でジュエリーを見れるって、それだけでウキウキしてしまいそう・・・
カードのジュエリーたち、私も好きだなあ。翌日リング買っちゃったのかな?
スカートと赤い靴もステキ!靴のやさしい光沢がいいなあ。

こっちもいま花粉最高潮だよ・・・(涙)
ロンドンでも花粉の症状出るんだね・・・お互いつらいね~お大事に~

2015/03/09 (Mon) 13:27 | くじら #n.R1x1CA | URL | 編集
Re: タイトルなし

おおお、くじらさんも好きーこゆうジュエリー!
翌日はマーケットのほうでお買いものしちゃったから、結局ジュエリーのほうは行かなかったんだよー。
ちょっと後悔中。。。でも今自分は学校にも通ってないし、お買いものばっかりなのもそれはそれで後悔しそうなので。まあ仕方ないかなー。

そっか、花粉始まったんだねぇ。ロンドンは大丈夫かと思ったらそうでもなくて。咳ゴホゴホしてるよ。無念(+_+)

2015/03/09 (Mon) 22:35 | だいず@ロンドン #v8xaD1IM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する