ブログパーツ

インドのオカネモチ騒動、これで終結かな

新事業所の上の階の借り主であるインドのオカネモチ問題について。

そもそもですね。インドのオカネモチの言ってきた防音設備を入れるための工事って、建物の構造を変えるような工事なので大家さんの許可が無いとできないことで。それを大家さんはもう許可してるの?というのが疑問だったの。

今年2月にウチがリース契約するときにも上のクラブ計画が心配で。騒音や振動に悩まされるような物件なら契約したくないって大家さんに言ったら「あなたのビジネスに影響を与えることが無いように進めさせるから安心して」的な回答をもらってたし。

ウチの工事を止めなきゃならないようなことを許可したんだったら大家さんに責任を取ってもらおうかと、インドのオカネモチに会った日の翌朝、大家さんにメールを送りました。(大元の貴族ではなく、貴族から権利を借りてウチに使わせてくれている、直接の大家さんね)

「上の階の借り主からこんなことを言われたんですが、これってあなたは許可しちゃってるんでしょうか?本当に私たちが工事を止めなければならないのであれば、止めてる間の家賃や手配済みの施工会社への補償は誰が払ってくれますか?状況を詳しく教えてください」って。

そしたら「明日会って話しましょう」って返事がその日のうちに来ました!

夕焼け 
<ある日のロンドンに夕焼け。飛行機雲もピンクなの。ヒースローに向かってる飛行機かな?方向変えたのね、って分かるほどに曲がってる。これシゴトがえりの風景です。新しい事業所ができたら、だいずもそちらに移るので。この風景ともお別れかな>


どんな提案持ちかけてくるんだろ?と、基本はウチの工事を止めさせる交渉をしにくるんだと構えてたんだけれど。会って話してみたら、大家さんは「そんな計画は上の借り主からはまだ聞いてもいないし、そんな話が来ても決して許可しないから安心して工事を進めてください」ってさ。拍子抜け。

しかも「このビルはそもそも古くて、クラブをオープンするために必要な音響設備を入れるには向かない。設置できるかどうかは借り手が契約前に調べるべきことなのに、彼らはそれを行わなかったからこのような状況に陥っている」んだとか。とはいえ、そんなの大家さんだって貸す前から分かってたくせに、クラブ開きたいって人に貸しちゃうんだから悪意があるよね。。。

ということなので、たぶんこの問題はこれで終結となるんじゃないかしら。そうであってほしい。

バーバリー本社ビル 
<通ってる美容室の近くにバーバリーの本社があるの。すごくオシャレなビルだよね。ウチもいつかこんな本社を持てる日が来るんでしょうかー???1Fだけ天井が高いの、こちらの建物の特徴と思います>

インドのオカネモチは、去年8月にプレミアム80万ポンドも払って上の物件のリース権を購入して。それからずっと家賃払ってるらしいよ、、、まだ工事すら始まってないのに。しかもその間ずっと施工会社やらコンサルタントやら雇い続けてるみたいで。これまでに相当のお金を使っているのにオープンできないっていうね。。。(プレミアムの金額は時価的なもので。その物件が欲しい人が複数いるときに、プレミアムをより多く出せる人が契約できることが多い。リース権を手放すときにもその物件に人気がありさえすればプレミアム付きで売れるので自分が払ったプレミアムを取り戻せる)

あんなに大勢引き連れてるに、誰も契約前にインドのオカネモチにアドバイスしてあげなかったのだろうか。「ムリですよ」ってそのプロジェクトが終わっちゃったら、自分のシゴトが無くなっちゃうからかなー。。。自分勝手なことばっかり言ってたオバサンだけれど、ちょっとかわいそうに思えてくる。

でもね、ウチの設計士さん(前に書いたイラン出身の設計士さん →移民の街で働いています 彼が上の借り主や大家さんとの打ち合わせに同席してくれて、細かいところは詰めてくれてる。)が、上の借り主のことをすごく嫌っていて。

たぶん、彼女にとって、だいずたちは借り主だから彼女と同じ身分(?)なんだけれど。設計士さんはだいずたちに雇われている労働者(?)だから、格下って考えてるのか。彼への物言いはすごく意地悪だったし。彼が言うには、別れ際にみんなで握手をしたとき、彼女は設計士さんだけには彼の口元に手を差し出してきたんだって(私の手にキスしなさいってことかな)。

それからはもう、設計士さんがモウレツに彼女のことを怒っていて。「彼女はこれでたくさんのお金を失うことになる」、「大家さんも彼女は失礼な人だって言ってたし、だからクラブはムリって分かっててもわざと契約したんだろう」って話してる、その設計士さんの顔がね、すっごい歪んでて。歪みすぎてすっごい顔してるから、思わず笑ってしまわないように気を引き締めるのがタイヘンなぐらい。

トマト 
<イギリスらしい自由な陳列。。。しかし色んなトマトが並んでてかわいいからってウカツに手を出すと痛い目に遭います。1kgで8ポンドもするんだから。騙されてはいけない>


上の借り主、生まれはインドみたいで。でも、もう20年ぐらいイギリスでビジネスしてるからイギリスのルールは(あなた=だいず たちよりも)よく分かってるのよって言ってたけれど。でも彼女の英語は訛ってました、インド訛りと思う。

1度会っただけだから、ここから先はだいずの妄想なんだけれど。きっとカーストの国インドでオカネモチに生まれて、周りにはオカネ目当てで集まってくる人ばっかりで。そういう人に対する接し方しか知らないままにオバサンになっちゃったのかしら。イギリスで暮らしても、ずっとそういう上下関係だけだったのかな。

100万ポンド以上の大金をそんな軽率に使えちゃうほどお金があるウチに生まれて。親にクラブを作ってもらっちゃう息子(25歳らしいです)って。。。どんなことを楽しいと感じるのかな?なにか夢ってあるのかな?達成感ってどんなことで得られてるのかな?

なにも楽しくないんじゃね?たぶんヒマすぎて食べてばかりでブヨブヨに太ってるよ。つまんない人生だよきっと。なんて。そうやってあることないこと勝手に妄想してると、ああ自分は庶民に生まれて良かったとしみじみ思えてくるよ。

もちろんオカネモチにもちゃんとした人たくさんいるんだろうし、きっとオカネモチにはオカネモチなりの夢や苦労や楽しみがあるんだろうけどね。

関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

コメント

No title

良い方向へ向かっているようで良かったですね!!大家さんもすぐに会ってくれて良かったですね。バーバリー本社、インパクトありますよね。ロンドンへ来てすぐに近くを通ったので印象深くてよく覚えています。

2017/05/22 (Mon) 09:35 | ナナ #mQop/nM. | URL | 編集
No title

海外で、しかも外国人と英語で交渉してるなんてすごいよー尊敬しちゃう!!
このまま良い方に向かうといいね。
しかし、そのオカネモチ、本当に失礼な感じの人だね(汗)
そしてあまりのお金持ちっぷりに理解ができないっっ!

前生地の先祖が分かるってやつ、面白いね。
でも、残念ながらクリリンの血統書番号は分からないや(泣)

2017/05/23 (Tue) 07:45 | ukuririn #- | URL | 編集
Re: No title

ありがとー!もう、あとはこのまま何も起こらないことを祈るしかないよー。
バーバリー本社、ステキだよねぇ。あの辺りは立派なビルが多くてお散歩するの楽しいよね。

2017/05/23 (Tue) 23:02 | だいず@ロンドン #- | URL | 編集
Re: No title

いやーもうカタコトだろうが意味不明だろうがなりふり構わず主張するしかないんだよ、こんなときは。
でもほんと、このまま解決してくれないと困るんだよねー。
そして、こっちのオカネモチはスケールが違うなーと思う。日本にも居るんだろうけど。こっちのほうが貧富の差はすごく大きいし、オカネ持ってるかどうかで扱いがあからさまに違うしね、銀行とかさ。

2017/05/23 (Tue) 23:07 | だいず@ロンドン #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する