ブログパーツ

ハンバーガー中毒かな?

ここ最近、ハンバーガーを食べる頻度が上がっている。もともと好きなんだけど。最近は必ず週1、たまに週2で行っちゃってるの。職場の近くにByronっていうハンバーガーチェーンがあって夜11時までやってるので便利なのと。軽く食べたいときにいいんだよね。ハンバーガーが8~10ポンドぐらい、ドリンクとサイド1個頼んで1人15~18ポンドぐらいかな。夜シゴトしてると、たまに無性にハンバーガー食べたくなるのよね。中毒かなこれ。

この価格帯のキチンと作ったお店が、こちらでは主流っぽい。
Byronは「プロパー(ちゃんと作った、本物の)ハンバーガーズ」って謳ってる。Honest Burgers(正直・誠実に作ったハンバーガーって感じかな)ていうチェーンもなかなか良い。それにしてもこっちの人ってHonestとかProperって言葉が好きだよなぁと思う。この言葉が付いた商品やキャッチコピー的なものをよく見かけるし。お役所への届け出とかフクザツな話を弁護士さんとしてるときも、もしも今までルール違反しちゃってたことがあったら隠さずに正直に話したほうがいいっていうアドバイスを受けたりする。隠してて後で見つかったらより厳しく対応されちゃうって。隠す姿勢自体が問われるっぽい。まあ当たり前ではあるんだけど。日本よりも正直さだとか、善意が問われる場面が多いような気がする。
honest 2 

あとはGourmet Burger KitchenPatty & Bunも似たような感じかなぁ。ちゃんと注文ごとに作ってくれるものだし、待たなくても大体入れるし。価格と満足度のバランスがちょうどよくて、サクっと食べて後腐れなく終われる気がするのよね。(夜遅くにハンバーガなんて食べててどうする?っていう罪悪感はさておき、ね。)


Byronでは、チーズバーガー(ブルーチーズを選択)にアボカドのスライス追加、コールスローとオレンジジュースがだいずの定番です。この写真↓、パテの真ん中がピンク色なの分かるかな?基本ミディアムレアで出してくれます。ゴリゴリした感じのパテで、肉を噛みしめて食べる感じ。
byron 1 
そんな脂っこくないので胃もたれしないし。オレンジジュースはしぼりたてっぽい感じのが出てくるし。そんな体に悪い感じはしない。(気のせい?)

さすがに週1で食べてるとこんな分厚いハンバーガーをバラバラにならずに食べきるスキルが身についてきたかも。でもたまに、こんなマヨネーズ乗せ過ぎのヤツ出てきたりして↓(※上のと同じチーズバーガー+アボカドなんだけどね)これはさすがに口の周りがマヨネーズだらけになりました。。。
byron 2 

このぐらいのレベルのハンバーガーやさんがチェーン展開してるのは便利でありがたい。東京だとこのぐらいのは単店か、一部地域に複数ある程度じゃないかな。ああ、あとKUA AINAとか?ハンバーガー好きには恵まれた環境です。(スパイシーモスとかライスバーガーとか、ああいうのもたまに恋しくなるけどね)

こっちは、最近食べた、Honest Burgersの期間限定バーガー↓
写真がすっごい美味しそうで、オーダーしたときに店員さんも「これはすごくおすすめよ」って言ってたんだけど、出てきたもの、写真とちょっと違うよなぁって一瞬思うじゃない?
honest 1
でも写真をよく見ると、バンズの上からグレービーソースかけてるんだよ!!実物のほうはバーガーの後ろに隠れてるけど。小さいソース入れに入ったグレービーさんが確かにいらっしゃいます。でもさー、手で持って食べるんだから、バンズの上からかけるのはいかがなものでしょう?さらに基本こっちってオシボリ出さないんだよ?そんなことしたら手も口の周りもベッタベタになっちゃう。しかたないから、これからカジるぞって位置にソースを少しずつ垂らしながら食べたよ。

ホースラディッシュクリーム(ワサビっぽいピリっとした味。実際こっちで見かけるワサビはホースラディッシュを緑色に着色してたりする)と自家製ベーコングレービーの組み合わせが素晴らしかった。手と口の周りがベッタベタになるけど美味い!

ウチはオットがかならずウェットティッシュを持ち歩いていて、こういうときにドヤ顔気味で取り出して最後に手を拭くので。その使い終わったやつをだいずも拝借できるからいいけど。それでもお店出る前にお手洗いに行って手を洗ってるんだよね。でも、周りの人たちを見てると、紙ナプキンで拭いて終わりっぽい。みんなベタベタした手のままで平気なのかしら。謎。

あと、こういうハンバーガーやさんで、大人数のグループ客を見かけるんだけど、それも不思議なんだよね。10人とかさ。シェアできるようなメニューないから、それぞれハンバーガーとドリンク頼んでワイワイやってるのが、まだまだ見慣れない。

Byronにこの前行ったときにコソっと撮ってしまった↓
byron 3 

こっちの人はシェアするって文化がないみたいで。カップルでも分けあったりせずに、それぞれが食べたいものを頼んで別々に食べるのが基本っぽいです。だいずだったら10人集まったら大皿中華に行きたいけどな。
関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

雪に興奮する姿も超絶かわいいのでした

このあいだ、そろそろ寝よっかなーってときにスマホ開けたら、Google Photosが「4年前の今日の写真ですよ」って見せてくれたのが、空を舞う雪に興奮するさくらの写真だったので。おもわず見入っちゃって。またもや夜更かししてしまったよ。まあ、毎日が夜更かしですけども。

4 years 2 

さくらの興奮ポイントその1:しっぽがふくれてる↓
4 years 1

さくらの興奮ポイントその2:立ち上がってる↓
これはうれしいときもやるかなー。
4 years 3 

さくらの興奮ポイントその3:目がまんまる↓
なんてかわいいんだろう。超乙女。
4 years 4 


マッサージ椅子に座って(立って?)雪景色を鑑賞する猫さくら↓
4 years 5 
フワフワ降る雪にニャニャニャって話しかけてたなー。

今年のロンドン、去年よりも寒さが厳しかったし。東京よりも寒い感じで。中がモコモコの靴を2足も買い足したんだけど。チラっと雪が降った日もあったけれど積もるほどではなかったんだよね。こんな風に降ったら、今でもおんなじように興奮するんだろうかーさくらさんは。

雨の日もね。ガラス窓をツツツーって流れ落ちてく滴を触ろうとしたり。ニャニャニャって話しかけたり。
4 years 6 

このとき住んでたおウチはリビングの窓がとっても大きかったので。お外をじっくり見てること多かったかも。今のおウチも窓は大きいんだけれど、あんまりこういう光景見ることないなーなんでだろうって考えてみたんだけれど。もしかしたら、こっちってザーザー降る雨が少ないのも理由だったりするのかなー。霧雨みたいな、傘が要らない雨が多い気がする。
あと今のアパートは庇があるのも理由かなぁ。

で、上ばっかり見てると首が疲れるからか、最終的にはゴロンとするのは、さくらさんにはお決まりのパターンですw
4 years 7 

このおウチがさくらにとっては初めてのおウチで。このあと4年間で3回引っ越し、うち1回は国境を越えてるんだもんなー。この写真を撮ったころは、まさか2年後にロンドンに引っ越すことになるなんて想像もしてなかった。

あっという間だったなー。これから先もどんどん、時間はあっという間に過ぎていくんだろうね。4年後のだいずは、今のだいずのことを振り返って何を思うんだろう。だいずの体だってそのころには細胞はぜんぶ生まれ変わって今ある細胞は1個も残ってないはずだし。何ひとつ、ずっと同じで居つづけられるものなんてないのだから。未来を心配してもしかたない。そのときどきに目の前にあるものを受け入れて楽しんで過ごせばいいんです。(なーんて。先のことを心配しだすと止まらなくなりがちな自分に言い聞かせてみたりして。)

関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

銀行カードが盗まれて使われちゃったよ

今年に入って、銀行口座をひとつ開いたのね。こっちだと、銀行カードも暗証番号も、なんと普通郵便で送られてくるの。さらにウチのフラット、個別の郵便受けが無くて。ビルに入ってすぐのところに全戸分の郵便がバラバラっと並べてあるだけなの。オートロックの扉をすり抜けられさえすれば誰でも他人の郵便持ってけちゃうんだよ?そんなんで大丈夫なんだとしたら、なんと平和な国なんだろうと思っていたらば。なんということでしょう。そんなわけなかったわよ。盗まれて、使われちゃったよぉー!!

カードと暗証番号は、別々に届くので。全部盗まないと使えないんだけれど。

使えないハズなんだけれど。

全部盗まれたんだねきっと。カード3枚と暗証番号2つ。

そろそろ届くはずなのに、ぜんぜん届かないなーと思っていたら。代わりにスマホにこんなテキストが届きまして。(TUMIで395ポンドとか、これら、ほんとにあなたが使ったものならY、あなたが使ったんじゃないのならNで答えてください、って書いてある)
barclays 2 

で、Nって返事したら、次はこんなメッセージ↓が一瞬で届いて。
(ご確認ありがとう。あなたが使ったんじゃないんですね。あなたのカードを一時的にロックしました。5分以内に電話します。。。というような内容)

barclays 1

で、この2番目のメッセージを読むよりも前にもう電話がつながってた。はやい!

毎回カードの使用について聞いてくるわけじゃないのに。今回のこの3件の支払いが、だいずじゃない誰かが使った可能性があるってことをビビビって探知できるってスゴイことよね。盗難だと確認してすぐに自動で電話がつながる仕組みもスバラシイ。

本人確認の質問(生年月日とか)に答えてから、オペレーターの人に「カードも暗証番号も届かないなーと思って、つい2日前にあなたの銀行に連絡を取ったばかりなんです」とかそんな感じで説明して。じゃあ詳しく調査をしてからになるけど、基本的には使われたお金はぜんぶ戻ってきます。たぶん10日ぐらいで戻ってくるので、それまでは何か不審な引き出しや支払がないか気を付けて口座をチェックしててね、って言われてその電話は終了。

もうこのときは気が動転しちゃってて。何が起こってるのか分からないままに電話つながっちゃったからさ。え?これ誰からの電話なの?本人確認なんて言ってるけど、もしかして個人情報を聞きだしてもっとたくさんお金引き出そうとしてんじゃないの?なんて考え始めちゃってもう錯乱気味でした。

まあ、開けたばっかりの口座でそんなオカネ入ってないし。そもそも薄給でオカネないし。大したことではないんだけれどね。それでも1番上の3件の支払いのほかに1000ポンド引き出されてました。

ウチの預金はそんなに心配じゃないんだけれど。こっちの銀行って企業の口座は、その企業の代表の人の個人口座と紐づけというか、リンクさせなきゃならない仕組みになっていて。今回開いた口座は会社の口座とセットになっているので。会社の預金に何かされたらどうしようってほうが怖かったかもしれない。

そもそも今回口座を新しく開いたのは、ある日突然、銀行の「個人向けリレーションマネージャー」っていう役職の人から連絡が来て。会社の口座に結構お金が入っているから。だいずたち自身はお金が無くても、ホントはたくさんお金持ってないと開けない「プレミア口座」を開けちゃいますよ、って勧められたからなのね。別にその企業のオーナーじゃないし、小さな会社の単なる雇われ役員みたいなもんなのに(朝から晩まであくせく働いてるしぜんぜん役員らしくもない、ただの社員ですよ)、それでもいいんだって。

その「個人向けリレーションマネージャー」は、いままで支店でだいずたちの相手をしてくれていた、ぜんぜん親切じゃなくて目の前でヒトのカードをへし折ったりするような行員たちと同じ銀行の人とは思えない、とてもフレンドリーでキレイでステキな女性だったの。すらっとした体型でいい身なりをしていて。ああ、今までとは違う種類の人が出てきたぞおって感じ。

さらにプレミア口座持ってるだけで、カード見せればPatisserie Valerieでドリンク無料になったり、ナショナルトラストの施設の入場料が無料になったり。特典も結構魅力的なんだよね。なにこれ。

お金を持っているだけで(いや、ウチの場合は持ってないケド)こんなに扱われ方が違うんだーこの国は、と思ったのだけれど。

そんなオイシイ話にのっかって口座を開いた途端にこんなことになっちゃったもんだからさ。あのステキ女子も、もしや詐欺一味か?みたいに一瞬疑っちゃったりもしたんだけれど。実際には、彼女が支店に直接連絡取って、だいずたちが支店で何も説明しなくても、新しいカードや暗証番号を発行してもらえるように手配してくれたり。すごく親身になって対応してくれたのです。疑ってごめんなさい。

で、彼女が話を付けてくれた支店の担当者のところにカードを発行してもらいに行ったら。なんとその支店担当者も先週末カード盗まれて使われたって。彼は自宅に個別の郵便受けあるけど、それでも盗まれて。アップルストアで7000ポンド使われ。さらに、自分の勤めてる銀行から「あなたの口座を閉鎖します」って手紙が来て。心当たりが無くて調べてみたら、自分じゃない、他の誰かが自分の名前を使って口座を開いてたことが分かったんだってー!なんじゃそりゃー。

銀行が監視カメラとかIPアドレスとか調べて、本人じゃないことを確認できればお金は帰ってくるんだけれど。警察には銀行から通報されることはないみたいで。あと、こういうカード盗難はすっごい頻繁にあることらしく、警察もあんまり捜査しないんだとか。だから犯人は野放しです。でも、支店のその人は自分で調べて警察にも自分で連絡して、必ず犯人を捕まえてもらうんだって言ってた。

SNSとかで生年月日なんてすぐ調べられちゃうから。勝手にクレジットカード作られたり、口座開かれたり、っていうのはよくある話みたいです。おそろしやー。

ということで、まだまだ新しいカードは手に入らないけれど。お金さえ戻してもらえるならば、一度は経験しておけば銀行の仕組みが分かったりして。結構勉強になるいい機会だったかもしれないなーなんていうのが感想です。

大家さんからは、そのうちに戸別ポスト作る予定って聞いてて。でもなんとなくイヤなので引っ越したくなってきちゃったけれど。さくらが庭を気に入っているし。通勤に便利な場所だし。こっちの引っ越し業者はいい加減そうだし。そもそも忙しくて新しいウチ探す余裕ないし。で、なんだか八方ふさがりです。しばらくしたら平穏に戻るかな。

関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

癒しパワー炸裂中

ギリシャに行けなくてトボトボとウチに帰ってきただいずたち。
いつも帰ってくるの夜10時すぎとかなのに、今日はずいぶん早いのねって、きょとんとした顔して迎えてくれました。

玄関開けた時からこの姿勢。。。w(首だけ玄関のほう向いてた)
超癒し系1 

この日は朝5時起きで。さくらも一緒に早起きしたから。かなりグッスリ寝てるところに、だいずたちが帰ってきたんだろうね。

しばらくこの恰好でボケーってとしてたよ。
超癒し系2 

1日半帰ってこない予定だったから。

お水こぼれちゃっても大丈夫なように、お水のお皿をあと2つ増やして置いたり。
タイマーのゴハンがうまく出なかったときの為に、ゴハンの入ったお皿も2つ置いたりしてあったんだけれど。それらは無駄というか、さくらにとってはゴハンのボーナスもらったみたいなことになっちゃってたわー。

超癒し系3 

ギリシャは行けなくて残念だったけど。さくらを置いて出かけるのはちょっと心配だったので。早く帰ってこれて、こんな寝ぼけさくらを見られて。ほっこりした。

先週はほかにもいろいろいろいろ、大変なことが起こったのだけれど。毎晩さくらに癒されてたよ。さくらの癒しパワーはホントすごい。癒しのモフモフです。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

ギリシャに行けなかった話

これまたお仕事の参考に。新しく買おうとしている日本製の機器があって、それがヨーロッパだと1軒だけ、ギリシャで使ってるお店があるっていうからさ。それが使われてるとこを見に行ってみようということになり。

この週末はギリシャ(アテネ)に1泊2日の弾丸旅行する予定だったの。
飛行機はライアンエアーの格安航空券が2人で350ポンドぐらい、ホテルも1部屋60ポンドぐらいのお部屋を取って。土曜の9時のフライトでアテネに2時着(時差2時間&フライト3時間)、日曜の16時発18時着で帰ってくるって言うね。

まあ半分オシゴトだけど、ついでにサクッと南の国の温かいお天気とシーフードと遺跡を楽しんでこようじゃないかと張り切っていたんだけれど。

なんと土曜の朝はここ↓まで来て乗せてもらえないことが発覚。
Stansted 1

ヨーロッパ便って国内線扱いみたいなんだよね。チェックインは事前にオンラインで済ませてあって。そしたらもうセキュリティ(手荷物検査とか)受けるだけで乗れちゃうの。だから空港着いてから搭乗ゲートまでの間、いちどもパスポートを見せる場面が無いのです。

で、さて乗ろうとゲートでパスポートを見せたら、オットのパスポートの残存期間が3カ月を切っているので搭乗できないよって断られてしまいました。。。残存期間がちょっと足りなくて2カ月と20日ぐらい。ちょっと足りないだけだし、なんとかならないかと食い下がってみたけどダメでした。。。残存期間が足りないならビザがないと入国できないんですねー。

この旅行が決まってからというもの、だいずの鼻唄は「むかーしギリシャのイカロース―はー♪」って、蝋で作った鳥の羽で空を飛べたもんだからいい気になって高く舞い上がりすぎて太陽の熱で蝋が溶けて海に落ちちゃったっていう、あの唄ばっかりだったのだよね。だいずたちはイカロスのように飛び立つことすらできなかったけれど。こんな悲しげな唄ばっかり歌っていたのは空港で起きる悲劇の前ぶれだったんだろか。(考えすぎ)


だいずも今回まであんま分かってなかった。残存期間けっこう重要なのね。。。ギリシャはシェンゲン領域国なので、出国時の残存が3カ月、かつ、10年以内に発行されたパスポートじゃなきゃダメなんだってー。
国によっては帰国時6カ月っていうとこもあるのね。だいずはまだあと3年ぐらい残ってるけど残1年切ったら気を付けなきゃと思いました。今回は気軽な1泊旅行だからショックはそんなでもないけど。すごいキアイ入ってる旅行で乗れなかったら無念すぎて立ち直れないよ。

さて、どうやって外に出るのかというと。
セキュリティのとこまで戻って、空港職員さんに事情を話し、普段はロックかかってる扉を開けてもらうと、到着の人が荷物拾うところに出られました。空港職員さんですら「えー!?ほんの数日足りないだけじゃない」「オンラインでチケット買うときパスポートの有効期限入力してるでしょ?何にも教えてもらえなかったの?」ってだいずたちに同情的な反応だったのが意外だったし。外に出してもらってたの、だいずたちのほかにもう1家族(パパ、ママ、息子)おナカマがいたのがなんとなく救いだったような。(よくあることなのねーって)

土曜は朝5時半に家を出て空港の搭乗口で引き返して午後1時には帰宅。まあ、こういう体験も1度はいいかもねー。空港職員に連れられてロック扉の向こうに出るとか、普段なら歩くことのない場所を探検できたし。所要時間半日の空港ツアーでしたよ。

しかし、しかし。
シーフードを食べる気マンマンだっただいずの気持ちがおさまらず。土曜の夜は、先週プリヒル姉さんのお店で買ったカニの内子を使って、さらに大きなホタテを投入したパスタを作って食べたよー!美味しかった―。
Seafood Fes 1 

これがその内子。パックにいっぱい詰まってて5ポンドって安くない?2人分使ってもまだこれだけ余ってる。
Seafood Fes 2 

あ、でもプリヒル姉さんのお店っていっても、オーナーはフランスの人で店名はLa Petite Poissonnerie、日本人スタッフは姉さんだけみたい。
Seafood Fes 4 

予約すればお刺身も買えたりするんだけれど、予約して買いに行くっていうのがなかなかできなくて。。。もうちょっと近所ならいいんだけどね。マーブルアーチ店の近くに用事があるたびにここに行って海鮮丼をイートインしてるよ。これ↓で8.50ポンドって満足度高い。フィッシュスープもお魚がゴロゴロ入ってて好きです。
Seafood Fes 3 
(魚の写真をたくさん並べてシーフード気分を満喫中) アテネで見たかった機器は、今のタイミングで見れないと意味が無いので。もうパスポート更新してもしばらくアテネに行くことはないだろうなー。

関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

2夜連続で食べに行っちゃったよ、イタリアン・チェーンROSSOPOMODORO

オシゴト上の参考に、ロンドンにあるレストランチェーンをいろいろと試してみているんだけれど。

最近行ったROSSOPOMODOROっていうイタリアンがね、チェーン店の割にはなかなか良かったのよー。イタリアのナポリに本部があるチェーンでイギリスには9店舗、あとニューヨークにもお店があるみたい。

rossopomodoro 3

所詮チェーン店だからと、ぜんぜん期待せずに行ったせいもあるのかもしれないけれど。結構おいしくて。他のイタリアンチェーンと比べてもメニューが豊富で。2人ではいろんなメニューを試せなかったこともあり。翌日もまたここに行ってしまって、お店に入ったらすぐに前の日と同じ店員さんに気づかれて笑われちゃったよ。

なかでも、初日に食べたブッラータっていうチーズが焼き立てのフォカッチャの上にのって出てきたやつがねー。こんなの初めて食べたし、ぜんぜん期待してなかった分、ハマってしまったのです。

↓フォカッチャの上にグリルした野菜を敷いた、そのうえにドーンとのってるブッラータさん。
rossopomodoro 1 
チリオイルをかけてー。

チーズを切ると中からトローッって出てくるよ。
rossopomodoro 2 
これがフレッシュでサッパリしてて美味しかったんだなー。
ブッラータなんてチーズ、知らなかったんだけど。後日スーパーに行ったときに改めてチーズ売り場を見てみたら売ってたわー。ウィキによると、袋状のカード(カッテージチーズみたいなもの)の中に生クリームとフレッシュチーズを閉じ込めたものらしい。うわ、生クリーム!こんなものを夜食べてたらデブ道まっしぐらだね。。。でも美味しい。

この日はブッラータとピザを頼もうとしたら、量が多すぎるからピザは止めたほうがいいと店員さんに言われたので、それで翌日はピザを食べに行ったのですー。

しかし頼んだのはカルツォーネ!(ピザ生地の中に具を入れて焼いたもの)奥は黄色いトマトを使ったプッタネスカ。パスタはイギリスでよくある茹ですぎのとは違って、茹で具合は合格でした。
rossopomodoro 7 

上にも具が乗ってて。ちょっとチーズが多すぎかなー。でも生地は適度な塩気があって良い感じ。焼き目が美味しそうでしょう?
rossopomodoro 8 

ピザ1つ、パスタ1つ、前菜1つと、ドリンク1杯ずつで、だいたい40ポンドぐらいだから。ロンドンの外食のなかではお財布に優しいほう。この味でこの価格は安い!

ちゃーんと石窯で焼いてるし。(奥↓の金ピカのやつ)
rossopomodoro 9 
写真はないけど、ピザ生地も冷凍とかじゃなくてちゃんとお店で発酵させたものを使ってた。

いろんな種類のトマト使ってるのね。メニューにトマトの説明が載ってる。
rossopoomodoro 4 

金曜の夜は結構混んでたなー。
rossopomodoro 5 

イタリアの人が作ると、お手頃値段のモノだって本格的にできちゃうってことなのかな。ホント、ビックリしたわー。食材、地理的に近いからイタリアから持ってきてたりするのだろか。

でもね、もう1回ブッラータを食べに行ったら。初回に食べたときほどの感動は無かったんだよね。さて、それは2回目だからなのか(もう驚かない)、それとも作った人が違うとかで味にバラつきが出てるからなのか。

↓実際、上の写真よりも貧相と思わない?色も形も。
rossopomodoro 10 

そのときどきで同じメニューでもずいぶん味や造りが違うってのは、こちらではよくあること。次はアタリだといいなー。

関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。