ブログパーツ

イギリスのFOODEXは微妙でした

先週は、FOODEXていう食品展示会がバーミンガムで開催されたので見に行ってきたよ。

日本でもあるでしょう、FOODEX。日本で会社員してた頃になんどか行ったことあったんだけど。すごく楽しい展示会だったんだよね。だから結構期待して出かけたんだけれどもー。

結果、とっても微妙でした。せっかくバーミンガムまで行ったのに。。。展示会場の最寄駅に11時過ぎに着いて。13時には会場を出てたよ。あっという間に見おわった!

日本のと何が違うって、うまく言えないんだけど。なんか日本でFOODEXっていうと、今までなじみのない食材が紹介されてたり、とにかくワクワクする場所だったのに。

こっちのは、仕入れてそのまま店で出せるような、こんなケーキ↓とか
Foodex1

↓ポップコーンとかポテトチップスとか
Foodex2

あと、ソーセージとか(きっと、カフェのイングリッシュブレックファーストで使うやつだろうね)。フルーツジュースとか。そういうのが主流なの。街にいっぱいあるカフェでそのまま出せるようなものとか、スーパーでも手に入りそうなものばっかり。ここで仕入れたものを、自分なりに加工してなにか新しいものを造りだそう、とかそういう感じじゃないの。食べることへの熱意が見られない!

なのでバーミンガム観光のほうがメインなお出かけになってしまったよ。とはいえ、バーミンガムってあんま見どころがないんだけどね。ロンドンからだとユーストンからバージントレインで1時間ちょっと。200キロぐらい離れてるから、東京駅からいわきとか焼津とかそのぐらいの距離ね。
Euston to Birmingham
当日チケット買うと片道50ポンドぐらいかかるんだけど、1週間前の予約とFOODEX割引利用で往復28ポンド。こんなにちがうんだから、旅行は計画的にしないともったいないね。


長距離の電車は、行先によってホームが決まってるわけじゃないので。改札の上の電光掲示で、自分が乗る電車はどこのホームから出発するのかをチェックしなきゃならないの。しかもホームがどこか分かるのが発車15分前ぐらいなんだよ。この光景、これから遠出だぞーってワクワクする。
Euston Station

電車に乗って30分ぐらいすれば、緑の丘で子羊たちがお母さん羊といっしょに寝転がって日向ぼっこしてる、のどかな眺めが広がるよ。
Sheeps
この光景を見るたびに、もう、ラム食べるのやめようと思うんだけどね。。


バーミンガムは、古い建物が戦争のときの空爆で破壊されちゃったそうで。あんま残ってないらしい。
↓被害を免れた、ヴィクトリアスクエアのカウンシルハウス(かな?)
Birmingham4
でも街を歩いてると、味のある建物けっこうあったよ。お散歩たのしい。
Birmingham1

地球の歩き方によると、パキスタン・インド料理(カレー)やさんがたくさんある地域があるらしいんだけど。駅から結構離れてるのであきらめて。駅近で、ネットでの口コミも良さげだったインド料理やさんPushkarでランチ。

ブリティッシュ・カレー・アワードっていうのを2015年に受賞しているそうで。本格的だけど、現地の味そのままというよりは、こちらの人の好みに合うようにアレンジされてる感じなのかな。内装も洋風?だし、ランチメニューは3コースとか2コースとか、こちら流の設定。
Pushkar3

メニューとか小物もオシャレ。
Pushkar4



ラムのカレー(朝、電車のなかで食べないと誓ったばかりなのに!)と、ほうれん草とカッテージチーズのカレーをいただきましたよ。うまー!
Pushkar1

デザート、手前のラスマライは、パンみたいなもっちりしたものが甘いミルクに浸してあるの。インド版サバランみたいな感じかなぁ。美味しかった。奥のはハルワっていうニンジンを甘く煮たもの。
Pushkar2

あとは運河沿いをお散歩して終了。もうおそらく何かの用事が無い限りはバーミンガムには来ないだろうなぁ。でも、運河沿いのお散歩はすごくよかった。

バーミンガムは産業革命のときにたくさん運河が引かれた、運河の街なんだって。イギリスって運河網が発達していて。テレビでもナローボートっていう細長いボートでの旅行を紹介する番組をよく見かけるんだけれど。それ観てるうちに、だいずも運河旅行したくなってきちゃってたの。

運河ってなんでこんなに味わいあるんだろう。
Birmingham2

ここは三叉路(ていうのかしら)になってる。
Birmingham3

そのうちスコットランドをナローボートで旅してみたいなぁ。でもオットは今の仕事の感じだと、泊りがけの旅行が無理だから。だれか遊びに来ることがあれば提案しちゃおうかな。フォルカーク・ウィールとか水道橋とか楽しそうよ。
関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

ロンドンマラソン見てきたよ&今週はエリザベス女王の90歳の誕生日でした

今日はロンドンマラソンだったので。ちょっとだけ様子を見に行ってきたよ。

トップランナーの走りを近くで見てみたかったんだけど。今日は職場にも行かなきゃならなかったから。
仕事はやく終わらせて、15時ごろに行ってみた。

先週行った、グリニッジ天文台のとこの公園を9時にスタートしてて。公式サイトにはどの地点を、どの集団が(エリートとか、4時間完走ペースの人たち、とか)何時ごろ通りかかるか、目安が書いてあるから。職場からすぐ行ける地点に15時に行ったら「6時間完走ペース」の人たちが見れるなってことは事前にチェック済みなのです。便利だなー。

london marathon 2016 1
↑右側はテムズ川。コースは、ロンドンアイとかタワーブリッジとかビッグベンとか観光名所を通って、最後バッキンガム宮殿がゴールなの。ゆっくりペースの人たちは景色を楽しみながら走れるのかな。

きっと、ピークの時間帯よりは沿道で観戦・応援してる人たちは減ってるんだろうけど、それでも結構込み合ってたよ。ブラスバンドが演奏してたり、コーラスグループが歌ってたり。水やカットフルーツを差し出してあげてたり。でもこれ、知ってる人の応援ってわけじゃなくて、通りかかるすべての人を応援してあげてるのがすごく暖かい感じ。
今までマラソンの応援って行ったことないんだけど、どこもこんな感じなのかなぁ?
london marathon 2016 4


↓動物の「サイ」の保護を訴える団体のひとが着ぐるみで走ってる。
london marathon 2016 2
サイの左にいる女の人みたいに、胸元に自分の名前が入ったウェアを着てる人が多くて。それを見て「Come on, Julie!」とか声かけてあげてるの。

↓コスプレ?紫の羽根が背中に生えてた。
london marathon 2016 3

初めてのマラソン観戦、けっこう楽しかったので。来年はトップランナーが走る時間帯にも行ってみようかな。



イベントといえば、今週は21日がエリザベス女王のお誕生日だったんだよね。夜テレビをつけたらニュースでパレードの映像が流れてて。。。これも出かけてみたいと思っていたのにすっかり忘れちゃってたよ、残念。
queen's birthday 2
黄緑色のスーツ、帽子にはお花のコラージュが付いていて、かわいいお洋服。

4月21日は逃しちゃったけれど、これからまだまだイベントが続くようなので。(→英国ニュースダイジェスト「女王の誕生日関連行事のスケジュール」)とくに6月12日のストリート・パーティーは近くまで様子を見に出かけたいなー。チケットは持ってないから会場には入れないけどね。

21日には、「女王の90年を振り返る」的な番組もやってて。エリザベス女王とチャールズ皇太子、ウィリアム王子とヘンリー王子とか、あとエリザベス女王の従妹とか?が出てきて、王室の行事のときとか、あとプライベートな、みんなで遊んでるとこ撮ったビデオを見て「この時はああだった、こうだった」とか「おじいちゃん、緊張してるね」とかコメントしてる、ただそれだけの番組。

でも、なんかこういう、テレビ観てる姿とか、会話してる様子とか見れるのって、ずいぶん開かれた、身近な感じするよね。背中側からのショットとか日本の皇室ではあんま見られないような。
queen's birthday 1
しかし、テレビでかいし、お部屋が超ゴージャス!

出かけられなかったとしても、テレビ番組のチェックは忘れないようにしなければー。

関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

歯磨き粉が美味しいらしい

猫の歯石、取るのは結構オオゴトなので。
なるべく歯石が付かないように、今までよりもちゃんと歯磨きしようと思って。

いままではペット用の歯ブラシを水で濡らしてただけなんだけど、獣医さんとこで売ってた歯磨き粉を買ってみたの。Poultly Flavor (鳥の味)って書いてあるやつ。

そしたら、これ、すごく美味しいらしくて、オネダリしてくるし。ベロンベロン舐めにくるよー。
↓目が真剣w
miracle tooth paste

これはすごい。歯磨きギライにも、これを使えば歯磨きできるようになりそうよ。さくら、いままで魚味しかたべなかったんだけどなぁ。どんな味がするのか試しに舐めてみたんだけどさ、、、これの何が美味しいのかさっぱり分からん。気に入られ過ぎてコワイ。。。


あと、アレルギー療養食は、ロイヤルカナンのやつ食べさせ始めてるんだけど。(高いよぉ!)
これも、フィッシュでもチキンでもない、何の味かわからないやつなのに、さくらガツガツ食べてるから不思議。いったい何が混ぜられているんだろう。

アレルギーを抑える注射も打ってるから。
かゆいかゆいって落ち着きなく毛づくろいしたり、ぎゅーっと小さく縮こまって寝てたり、ってことはなくなって。今のところは、おだやかに過ごせてるみたい。

窓の外で揺れる枝に夢中になったり
by the window

ソファのうえでくつろいだり。
pillow guide

そんなさくらを見て、だいずもほっとしているよ。
症状が薬で抑えなくても済むようになるといいんだけれど。まあ、気長に様子を見ていこう。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

グリニッジのビール工場に行ってきたよ

昨日は、グリニッジにあるMEANTIMEていうビール醸造所の見学に行ってきたよ。

グリニッジといえば、グリニッジ天文台!経度0度のとこね。
ロンドン中心部から電車で20〜30分ぐらいで行けちゃうのです。意外と近かった。

天文台はグリニッジ公園の丘の上にあって。テムズ河の向こうのカナリーワーフ(最近開発された商業地区)のビル群やロンドン市内が見渡せる、見晴らしのいいところ。
Greenwich Observatory 2

手前にみえる芝生の向こうの白い大きな建物が海事博物館、その向こうにグリニッジ大学(旧王立海軍学校)。テムズ河の手前の17~18世紀の建物と、向こうの近代的な建物の対比がおもしろいよね。


天気予報は雨だったのに、ここにいたときはお日様出てきて気持ち良かったなー。公園は新緑がまぶしかったし。鳥のさえずりが響いてて、(他のロンドン市内の公園と同じで)ワンコが駆け回ってて。
Greenwich park
こんなに緑いっぱいなのに。ロンドンの空気は汚染されちゃって観測に支障をきたすから、ここにある天文台はもう使われていないのだそうです。

ガイドブックや観光サイトで、旧王立海軍学校のなかにあるペインテッド・ホールが「グリニッジのマスターピース」・見どころだって紹介されてたのに、間違えてそのとなりにあるチャペルだけ見て帰ってきちゃった。。。それでも、チャペルもとってもよかったなー。こっちってホントに建物ステキだよねぇ。
Chapel at Greenwich univ


で。MEANTIMEの醸造所見学は。ツアーガイドさんのキャラクターがとにかくすごかった。
↓モルト袋のうえでポーズ取って写真撮影に応えるBig Al。
MEANTIME3
Trip Advisorの投稿を見ると、彼のこと書いてる人ばっかりなの。名物ガイドさんに当たってしまったみたい。

でも、この人の英語ぜんぜん聞き取れなかったなー。彼も、自分の英語はロンドン南西部の訛りがひどくて、アイルランド系なのもあって、なに言ってるか分かんないと思うけどごめんね、て言ってくれたのだけれど。他の参加者さんはちゃんと聞き取れてて。ツアー行程の2時間はみんな笑いっぱなしだった。だいずはその中の2~3割ぐらいしか分かんなかったけど、でも見てるだけで楽しかったー。彼を見に来るだけでも価値があるかもしれない。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

カラー取れたよー

カラーが取れてスッキリ。
kihin 2

やっぱりカラ―があるときのほうが、なんとなく気品があるように見えるね。
kihin 1
ニンゲンの服も、襟付きのがフォーマルなんだもんね。そういうことなのかしら。

検査結果、寄生虫やカビ・ダニは陰性。アレルギーが陽性なんだけど、アレルゲンは特定できないみたいで。これから食事を変えてみたりしながら様子をみることになったよ。

今日はアレルギーを抑える注射を打ってもらって疲れたのか、箱にスッポリ入って寝てばっかり。でも落ち着いてるから。
やっぱり工事が終わったのが大きいのかもしれないなー。
14042016

しかしアレルギー猫用のゴハンが在庫切れで来週月曜に取りに行くことに。。またこれか。
在庫管理しっかりしてぇ!
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

カラー装着中

さくらの元気がない問題はまだまだ続いていて。
今週火曜に、検査を受けてきたよ。皮膚組織をちびっと切り取って縫ったので。エリザベスカラーを装着してご帰宅。。。
(さすがに、こちらでは「エリザベス」とは言ってなかったね)

Sakura with collar 5

↓カラーがジャマで不自由だからか、当日は不満顔。
Sakura with collar 1
たまにひとりでウーウーうなってて。ご機嫌ナナメでした。


そもそも、最初に元気ないなー、じゃあ3種混合ワクチン打ってもらうついでに、相談してみるかーって病院行ったのが3月初旬で。ストレスだねーって言われて、心を落ち着けるサプリをもらって帰ってきて。飲ませたら、たしかに少し元気になったように思ったんだけれど。

それでもやっぱり、様子がいつもとは違って。神経質そうに毛づくろいしてるし、しっぽの付け根のあたりを触られるのをすごくイヤがって(ここは普段から敏感な部分ではあるけど、そんなレベルじゃないの)。あんなに好きだったブラシも逃げるようになっちゃったから。

3月末に2回目のワクチンを打ちに行ったときに、1回目とは違う獣医さんだったから。あらためて相談してみたのね。
で、先生がしっぽの付け根のあたりを櫛でといたら、毛がゴソっと抜けてそこにビックリするぐらいたくさんのフケが付いてたの。そのうえ、とかれてる間は、さくらの体を押さえてただいずの腕に噛みついてきて。ああこれは過敏になってるって程度じゃなくて、痛いんだねってことがわかったのです。先生の「これが全身に広がっちゃったら怖いね」て言葉に、もう、震えたよね。

あと、歯についてしまった歯石を取ることも勧められました。毎日歯磨きはしてたものの、さくらがあんまじっくりやらせてくれないから、、、不十分であることは分かっていたんだけどね。歯石がたまっちゃってるのを見せてもらって、ちょっとショックでした。えーでも今までも先生たち、歯のチェックしてくれたけど何も言われなかったのになー。
炎症を起こしてたらそれが体調不良の原因にもなるだろうし。このまま放っておいたら歯周病になったり歯がダメになったりするかもしれないし。炎症は口の中だけに留まらないこともあるし。そうなったら、食べ物が食べられなくなってあっという間に体が弱ってしまうのよね。

とはいえ、全身麻酔しなきゃなので。万が一のこともあるでしょう?
でも、これから年を重ねて、悪くなってからでは、治療ももっと大変なものになるし。さくらの体力も落ちているだろうし。皮膚検査でも麻酔を使うから、そのついでにすれば、1度の麻酔でできるから(なるべく全身麻酔は何度もやりたくはない)、ってのもあったりして。

この日はとりあえず処置にかかる費用の見積もりをもらって帰ってきたんだけれど。ウチでさんざんネット検索して調べたり、いっぱいいっぱい考えて。結局、皮膚検査と歯石除去をしてもらいました。

治療費は結構なお値段でした。
保険に入ってたら皮膚の検査のほうはカバーできたみたいなんだけれどねー。イギリスは保険発祥の国だそうで、ペット保険も充実してるとかどこかで聞いたので、入ってみようかなーと考えてたところではあったんだけれど、遅かった。パートタイマーだいずのお給料1か月分がほぼ飛んで行ったよー。ああ、働いておいて良かったってホント思いました。
(オットは「もっと働けってことだよ」だってさ。こわいこわい)

まあ、さくらが我が家にいなかったら、きっと働きすぎのオットは過労死していたかもしれないし、だいずも疲れ切って病気になってたかもしれないし。今まで、さくらがだいずたちに与えてくれた癒しに比べたら、このぐらい。。。(もちろんイタイんだけどね

火曜は、朝9時にさくらを連れて行って。処置の説明をあらためて受けて。
だいずだけ家に帰って待ってたら、13時前には麻酔から目が覚めましたよって電話連絡もらって。(ここで半べそ)
16:30に迎えに行って、説明受けてから連れ帰ってきたよ。

先生からもらった、処置後の注意点に「当日夜の食事は通常の半分に」て書いてあったんだけれど。
↓これ、ウチに帰った直後。キャリーから出たとたんにオネダリなんだもん。食欲あるのは元気な証拠だろうけどさー?
Sakura with collar 4

初日はほんとうに不自由そうで。弱ってるさくらに、さらにストレスを与えてしまったのかもと後悔の気持ちに襲われちゃったけど。
翌日からはだんだん慣れてきてるのを見て、とりあえずひと安心。
Sakura with collar 2

立ったり、ジャンプしたりもできるよ。
↓ウデのテーピングは肉球模様なの。
Sakura with collar 3
さくらも、だんだんヤケクソになってきてるのか、今日はカラーの内側をペロペロ舐めて、毛づくろいしてるつもりでいるようでした。

今度の月曜には抜糸してカラーともサヨナラよー。


関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。