ブログパーツ

心の平和

風の強い日は。
こうして寝ころがって、揺れる木の枝や草や、空を飛ぶ鳥を眺めているよ。
inner peace 1

自分でリフォームして、ほとんど箱じゃなくなってしまった愛用の箱に入って。くつろぎタイムです。
こんなさくらを眺めていると、だいずまでなんだか心がゆったりしてくるなーなんて思ってたら。

目を細めてこっちを見つめてきたよ。
まるで、「でしょー?」って相槌うってるみたいに。
inner peace 2

心の赴くままに、そとを眺めたり
inner peace 3

近くにあるおもちゃに、ふにふに手を伸ばしてみたり
inner peace 4

だいずも、こんな風におだやかに過ごしたいなーって思ってしまった。
ちょうど心の平和を求めてた頃だったから。
そんなだいずのために、この日はお手本を見せてくれたのね。さすがです、さくら先生。
関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

イギリスの銀行とお金の話

イギリスは日本と比べていろんなことが違うけれど、銀行もそうとう違うのね。
今月入ってすぐぐらいに、こっちの銀行で口座を開いてみたんだけど。そのときに写真撮ってきたのでご紹介。

オットの会社の口座がBarclaysで。職場近くに支店があって。だいずは経理の仕事を手伝ってるので、ここには週1~2回は通ってる。入口入ってすぐのとこに、1人か2人、受付の人が立ってて。どこ行ったらいいか分からなそうにしてる人に声かけてる。で、両脇に個人向けのキャッシュディスペンサーが4台ずつぐらいあるだけ。無駄に広い行内。
barclays 2


突き当りにビジネス口座用のキャッシュディスペンサー(普通のよりかっこいいやつ)が3台と、1個だけカウンターがあって。ここで振込とか両替とか、銀行の人に頼む場所があるよ。カウンター1個だけだから、だいたい4~5人は並んでる。
barclays 1


口座開設とかする人は、Customer Liftに乗って1つ上の階に行くと、面談用のブースが6個。あとは5~6人ぐらい座れそうな待合スペースのみ。でも、だいずが見た限りではいつも誰もいないし、ブースもほとんど使われてないよ。。。
barclays 3
この有り余ってるスペース、ウチの事務所に分けてほしい。日本なら1フロアに3世帯ぐらい住めるぞ。


口座開く手続きはこんな感じ。

①オンラインで申し込み
日本とちがうのは、夫婦で1つの口座を持てる、ジョイント口座っていうのがあるよ。(日本にもあるんだろうか?)
口座は1つ、カードは夫婦それぞれ1枚ずつ、ちゃんと自分の名前が入ってる。年収とか、過去3年間の住所を登録すると、登録番号が発行される。

②支店でアポを取る
ホントは、①の登録のつづきに、このメニューもあるんだけど。だいずがやったときは候補日がまったく表示されなくてアポ登録できなかったので。支店に直接行って取りました。1週間後のアポでした。上に書いたように、上の階のブースはいつもガラガラなのに、なんで1週間も待たされるのか、ほんとうに訳が分からないです。

③アポ当日
ID確認用の書類と、①の予約番号を持って面接に。1週間も待たされたのに、アポ取った時に教えてもらった担当者は不在で、別の人が対応してくれたよ。パスポートのほかに、自分の名前と住所あてに届いた公共料金やカウンシルタックス(住民税みたいなもの?)の請求書原本とかを身元確認用に求められます。あと、なんで口座を開きたいのか聞かれたよ。で、この面接の結果よっては口座開設を断られることもあるそうだ。ウチは大丈夫だったので、その場で口座番号を教えてもらえました。カードやオンラインバンキング用のトークンは郵送で後日送られてきたよ。



街中いたるところにキャッシュディスペンサーがあって。個人口座からお金おろすのは、どこの銀行のディスペンサーを使っても手数料はかからないの。あと、スーパーでカード会計するときにたまに「キャッシュバックする?」て聞かれるんだけど。これお願いすると、レジでお金がおろせるの。これは便利だよね。20ポンドのキャッシュバックをすると、支払額+20ポンドが口座から引き落とされる。これも無料。でもビジネス口座は、お金を預けるときにも、手数料がかかるのにはビックリしたね。現金入金だと入金額の1.5%(使ってるプランに依る)。ネットでの入金でも1件あたり数十ペンスかかるのです。預けてあげてるのに!


あと、お仕事で両替もよくするのだけれど。
こっちは、ビニール袋のなかにコインを入れて、重さで金額を測ってるの。で、たまに銀行でもらってきた1ペニーの袋の中に1セントコイン(アメリカとかユーロの)が混ざってたり、5ペンスの袋の中に10セントコインが混ざってたりする。いい加減すぎる。

そもそも、5ペンスとか10ペンスって、厚みに個体差がありすぎて、重さで測っててほんとに大丈夫なのかと思うよ。
↓5p(上の段の左から2番目)と10p(5pの下)は、薄いやつを選ばないと1つの枠に5枚入らないの。わかるかな、10pは一番下の段の上から2枚目が薄いでしょう?5pは下から2段目の下から2枚目・4枚目が薄い。
coins
他の種類はだいたい厚み揃ってるね。


で、週1以上で通ってるからカウンターの人には顔を覚えられてしまい。「ああ、よく現金入金しにくる人だよね?」とか、すごく軽々しく話しかけられたこともあって(こんなこと日本の銀行ではありえないでしょう?)、なんかそのうちに行員に手引きされた誰かに現金持ってるところを襲われるんじゃないかと不安になる。基本的に、お客様として丁寧に接する、みたいな姿勢ってないので(これは銀行に限らずだけど)。人によってはそうとう感じ悪いときがあって、ナンダヨーと思わされることもよくある。目の前でバンクカードをへし折られたこともあって(だいずがこっちのルールを分かってなかったせいではあるのだけれど、そこまでしなくたっていいじゃないよー)、、、あれも今となればいい思い出。


あとは少しコインあるあるを。
1ポンドコインだけは、裏側の絵柄が毎年違うんだよ。全種類集めたくなるね、これは。
1pound 1

表は毎年同じ、女王様の横顔。。。
と思ってたんだけど、よくよく見てみたら王冠とか輪郭とかちょっとずつ違うことに今日気づいちゃった。
↓左が2015年、右が1993年。左のがお顔がふくよかでホウレイ線が・・・
1pound 3

昔よりも老け顔(というか、そのときどきの実際のお顔)で作ってるんだろうか?と驚いたんだけど。
↓1997年と1998年の50pで比べても、違いがあったから。毎年つかう肖像画を変えてるってことなんだろうか。。。これはもっとたくさんチェックして確かめていきたいと思います。
50pence 2

紙幣も1種類ではない。上がイングランド、真ん中がスコットランド、下がアイルランドの20ポンド紙幣。あと、まだ手にしたことはないけど、街が発行してる紙幣なんてのも存在するらしいよ(Brixton Pound)。
20pound

銀行やお金にもお国柄が出るものだねぇ。
そういえば最近、日本ではマイナンバー登録のない口座への振込を受け付けないとかいうことになり始めてるらしいね?だいずたちは住民票抜いててマイナンバー無いので。少し不便になりそうだ。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

見舞うネコ

結局、今週に入ってから熱が出てきて。
腹痛と腰痛もひどくて。ほぼ1週間、寝込んじゃった。そうとう疲れが溜まってたみたい。
1月末とか、今振り返ってみるとほんとに大変だったもの(特に前の会計士とのやり取りがね、ここまでひどいとは思わなくてヘトヘトになった)。


だいずがベッドにいると、さくらが寝室の入口のとこで、だいずの様子を伺ってて。それ見るだけで、かなり癒されました。
お見舞い1

でも、今回もぜんぜん添い寝してもらえなかったな。
やっぱインフルぐらいヒドくないとダメなんだねぇ。
(さくらと一緒に暮らし始めてから今までの4年間で、添い寝してもらえたのは、インフルエンザにかかって寝込んだ5日間のうち、一番辛かった初日の、1日だけ)

このドアのあたりから、んー?て話しかけてきて。

だいずが動く気配がないと、寝室入ってきて自分のベッドでゴロゴロしたり。
だいずが動きそうなら、↓この最後の2枚みたいに、ガリガリガリガリ、「さあーゴハンおねだりしちゃうぞー」って爪とぎはじめるよ。
(何か始める時に、まずは爪とぎしながら伸びしたりするよね)
お見舞い2

おなかの調子が悪かったから、この1週間はほとんど味噌汁かけゴハン食べて過ごしてたんだけど。
そんな粗食のわりに、ぜんぜん痩せてないの。
これはいったい、どういうことだ?
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

ロンドンに来て1年たちました

イギリスに、さくら(猫)を連れて夫婦で入国したのが去年の2月10日。
あれからもう1年かー、はやい。でも最近の1年のなかでは、いちばん中身の濃い1年だったような。

1周年目の、今年の2月10日は、なんとなく体調が悪くて仕事お休みしてウチでゴロゴロ。
2月11日はオットも休みだったので、ひさびさにロンドンアイとか、ビッグベンのあるあたりに出かけてみたよ。写真におさめたくなるような眺めがいっぱいのロンドンだけれど、やっぱりここら辺の景色は群を抜いてゴージャスだなーとあらためて思ったよ。

テムズ川沿いだから視界が急に開けて川面はキラキラしてるし。ビッグベンや国会議事堂の尖がった屋根はお城みたい。大きな観覧車もあって。
Big Ben
絵本の世界のような光景が広がってる。

このあと胃痛と頭痛と腰痛がやってきて、さらにお腹も下しちゃって。この週はまるまる寝込んじゃったよ。
咳も鼻水も熱もないし。。。でも風邪なのかなーこれは。レンジで暖めるタイプのカイロで体を暖めたらラクになってきたから、冷えと疲れが溜まってたのかもしれないね。

体調不良のおかげで、あわただしい毎日から少し離れて。この1年を振り返ったり、友だちのブログやメールで近況を知ったりして。みんな着々と、なにかに向かって進んでるんだなーって。だいずはこの1年、とくに後半は慌ただしくて目の前のことをこなすので精一杯だったけど。こんなでも、すこしずつどこかに向かって進んでるんだろうか―なんて。ベッドのなかでウトウトしながら考えて過ごしました。

そんなこんなで、1年のおさらいをする時間を取れて。これから1年またガンバローって気持ちになれちゃった。
そういえば、今ちょうど、旧正月なんだよね。自分では意識してなかったけど、なんか強制的意に「ゆく年くる年」させられたような気分です。11日のビッグベンのあとに、Sohoのチャイナタウンにも行ったので、無意識のうちになんか影響受けちゃってたのかな。
China Town

フリーペーパーで「London's Chinatown hosts the largest Chinese New Year event outside Asia」(ロンドンのチャイナタウンで開かれる旧正月イベントは、アジア以外では最大の規模)とか紹介してるの見かけたから、そうとう盛り上がってるのかと思ったけど。。イベントは8日だったようだし、この日はそんな混んでなかったな。せっかくチャイナタウンに行ったんだったら、飲茶したかったのに。その前にNational Gallaryでランチしちゃったので。中国系スーパーで辛ラーメンと白菜だけ買って帰りましたよ。

National GalleryのNational Dining Roomでランチしたんだけど。本館じゃなくて、隣のSainsbury館に入ってるからか、トラファルガー広場や本館は観光客で込み合ってるのに、このレストランは空いていてとても快適でした。

↓だいずが食べてるのはフィッシュパイ、10ポンドぐらい。(パイといっても、パイ生地は1グラムも入ってないよ。マッシュポテトの下にサーモンとかタラのフレークが入ってて、オーブンで焼いたもの)
オットが食べてるのはソルトビーフのサンドイッチでこれも10ポンドぐらい。周りのパブで食べるよりもちょっと割安で、でも美味しかったよ。
National Gallery 1

そういえばここ、ガイドブックではアフタヌーンティが紹介されてたんだった。ケーキもいろんな種類があって、なかなか良さげだったから今度来たらお茶にしよう。
National Gallery 2

なんだか今日はもわっとした内容だけれど。
1年で貯まった毒や疲れを体から出して。脱皮して。新しい1年に向けてガンバルゾーっていう今の気持ちを忘れないように書き留めておこうと思ってね。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

お勤めゴクロウって感じ?

なんでかよくわかんないけど。

オットが仕事の日、夜遅く帰ってきてゴハン食べる時はだいたい、さくらがそばに座ってあげてるの。
晩酌1

べつに、オットの食べてるものを欲しがってるわけじゃなくて。
食べてる間は隣に座ってる。そこ、普段はだいずが座る場所なんだけどなー。

まあ、よくこのタイミングでオットがさくらにオヤツあげること多いのもあるんだろうけど。でも、それをおねだりするわけでもなく
じーっとオットのそばにいるんだよね。だいずは先に食べちゃってるし。

ひとりで食べるの寂しいだろうからしかたない、食べてる間は一緒にいてあげてもいいわよ。今日も1日頑張って働いたことだしね。

て感じ?

仕事で疲れて帰ってきて、普段はぜんぜんそばに寄ってこないネコがこんな風に寄り添ってくれるんだから。1日の疲れは吹っ飛んでいるに違いない。
晩酌2

(あ、テーブルの上かなり散らかってるし。ゴハンもいい加減なのは、直視しないでね。)
晩酌4

晩酌3


おねだりするときは、もっともっとそばに座るんだよ。こんなにピッタリ寄り添われて、オットは内心、鼻の下伸ばして喜んでいることでしょうよ。
ご褒美

しかし、自分のゴハンをもらったら、あっという間にいなくなるのだけどね。ツンデレ万歳。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

フラットの修理は続くよ、いつまでも

去年の11月初めに、リビングの天井から水漏れがあって、いろんな人がそれ見に来たりして、最終的にペンキ塗ってもらえたのが12月16日だったのね。→その時の記事

やれやれやっと終わったと思ったのに、翌日ペンキが乾いてきたら、塗りなおしたところがメリメリひび割れしてきちゃったの。
↓これは翌日の17日にあわてて撮って大家さんに送った写真。
paint crack
これがどんどんひどくなって、ひび割れて剥がれ落ちてきちゃったんだけど、その写真は撮り忘れちゃった。

で、大家さんがひび割れのチェックに来たのが12月20日ごろだったかなー。
それから、大家さんが、上の階の部屋の大家さんに連絡して、上の階の大家さんの保険会社に連絡して、ってやりとりをしてたらしいんだけど。保険会社の対応が遅かったみたいで、大家さんがとてもお怒りになっていたの。「だいず、もう保険会社から連絡きた?」「来週にはだいずに電話するって言ってるから、電話きたら教えてね」って大家さんから連絡何回かもらったけど、結局保険会社からの連絡はなかったなー。

で、1月26日ごろに、前にペンキ塗りに来た内装屋さんから直接連絡きて。1月28日・29日の2日かけて塗りなおしてくれたよ。
paint again
↑前回は、右端にいるジョージが塗ってくれたんだけど。もとのペンキをヤスリで剥がしたあとに、シール剤みたいなものを塗って壁から水分が出てこないようにしなきゃいけないのに、それをやってなかったらしい。今回は、ジョージよりも先輩(?)の人が一緒に来て(左の塗ってる人ね)、ジョージにやり方を教えてた。28日にシール剤を塗って、それが十分乾いた翌日にペンキ塗り。さくらも真剣に様子見てたよ。

そうしてる間に、1月16日にはお風呂場のバスタブの上のライトの穴から水が漏れたし。


1月29日の夜にはお風呂場の換気扇が壊れて動かなくなっちゃって。2月5日に電気屋さんに来てもらって、新しい換気扇を設置してもらったし。

昨日の夜は、キッチンカウンターの上のライトの穴から水が漏れたし。



あとはね、庭から外にでる扉が壊れてきてたから、先週直してもらったよ。

たぶん、だいずが居ないときに、このビルの上階で工事してる人とかが庭にモノ落としたりして、それ取りに勝手に入ってきてたんじゃないかと思うんだけど。(カギかけてあるのに!)
↓左側の扉の板が、クギがはずれちゃってるの、わかるかな?さらに、右の扉についてる、棒を引っかけるタイプのロックだけで締めてたんだけど、棒の引っかかりが弱くて、強く押すとはずれちゃうの。。。
yard repair 1


大家さんに言ったら、修理の人を手配してくれて。ロックの位置変えたり、扉の外れかけてた板もクギを打ちなおしたり。
lock repaired

左右の扉を固定するロックも新たに付けてくれたよ。
new lock


なんかもう、今のウチに引っ越してからは、ずーっとずーっと毎月なにかの修理をしてるの。
こっちは地震ないし、古い建物を、内装だけ直しながら長く使ってるから。配管とか故障しやすいんだろうねぇ。

周りからは、ケチな大家さんに当たっちゃって暖房が壊れてもなかなか直してくれなくて風邪引いた、なんて話も聞くし。ウチは大家さんに言えばすぐに対応してくれるだけ、マシなのかもしれないね。ありがたや。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

遊んでくれないとイタズラするぞ的なやつ

まだまだヒモブームは続いており。

だいずに「あそぼうよー」って誘うようにンー?て甘え声で話しかけてきたり。
あと、だいずが怒るの分かってて、「ほら?遊んでくれないとツメでガリガリしちゃうんだからね?」ってだいずの顔色を見ながらカリっとやるの。

trick or himo 1

ちょっとー、それ大家さんのソファなんだからさ、ほんとやめてぇ。

この日は相当興奮してたらしく。
そのままホフク前進とロッククライミングを組み合わせたみたいに、ウデのチカラだけで、ソファにツメ立てながらソファづたいに移動して
trick or himo 2

ソファの裏側に消えていったよ。おおーい、帰ってこいー!
trick or himo 3

↑わかるかな、この右足。かわいすぎてキケン。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。