ブログパーツ

さくらのゴハン問題

だいずが床に座ればその視界に立ちふさがり
standing

立ち上がればかわいい顔でだいずを見上げて
見上げる

全身全霊でゴハンをおねだりしてくるさくらさん。だいずに似てしまったのか、だいずがそう育ててしまったのか、とっても食いしん坊なのだけれども。

今月はじめのころ、出したゴハンが食べ残ってたり、外出から戻ってくるとさくらのゲーゲーを発見したりして。なんか様子がおかしかったのです。思い当たるのは、日本から持ってきたカリカリゴハンがいよいよ尽きるので、こっちで買ったカリカリを出し始めたことぐらいだったんだよね。

猫って、あんま噛まずに飲み込んじゃうから、飲み込んだ後で苦しくなって吐き出しちゃったり、あと、おなかにたまった毛玉を吐き出したり。吐くのはまあよくあることなんだけど。さくらの場合は一緒に暮らしてる4年ぐらいの間に一度も吐いたことなかったので、ちょっとビックリしてしまったのです。

ネットで調べてみると、ゴハンの粒が大きすぎたり、圧縮されすぎてたり、人工的なものがたくさん入ってると吐きやすかったりするって書きこみを発見したの。たしかにそーいわれてみれば新しいやつは粒が大きめ。

で、ネットでとりあえず別の種類のを2つ買って、この2種類を混ぜて食べさせてるんだけど。ゴハン変えたらゲーゲーしなくなったので一安心したところなのです。並べて比べてみたら、やっぱぜんぜんサイズが違うんだよねぇ。今までここまで違ったことなかったから、あんま気にしてなかったよ。

上から見たとこ↓
カリカリ(上から)
一番左が最初に買ったやつ、真ん中2つが今回買ったやつ、一番右が日本から持ってきたやつ。

横から見るとすごい違う!いやはや↓
カリカリ(横から)

圧縮率はどうだろうかと同じ体積での重さを量ってみたんだけど。これはほぼ同じ重さだったから、サイズの問題なのかなぁ。
比重

新しく買った2種類では、ハート形のほうがお好みらしく。2種類を混ぜてあげてるけど、いつもハートのほうが先に無くなるよ。
どっちが好きか

ちなみに、最初のはスーパーで、あとの2つはアマゾンで買ったんだけど。1kgあたりの価格は最初のが一番高くて。使われてる魚は、最初のがサーモン17%、ハートのは白身魚26%、丸いのはサーモン27%+チキン18%。さくらは白身魚が好きなのねぇ。

カリカリゴハンのほうはこれで一安心だけれども、難関はウェットだなぁ。なくてもカリカリさえあれば生きてはいけるんだろうけど。1日1回のこのゴハン、さくらがとっても楽しみにしてるものなので、なくすわけにはいかないのです。そろそろ日本から持ってきたのも終わっちゃうし、こっちで売ってるのを試してみようと買ってみたんだけど。

フィッシュ味といっても、ミンチ状になってるのが多いんだよねぇ。
ウェット

あげてみたけど、やっぱり食べないよ。
スネている
↑スネて箱に入っちゃった。
見向きもしないわけじゃなくて。試しに手でちょちょいって触って、手についたのを舐めてみたりして、さくらも努力はしたんだけどね(お皿の向こう側の床にこのゴハンがこびりついてるのは、それやった痕跡)。やっぱコレジャナイヨって。肩を落としてトボトボ、箱に入っちゃったのです。かわいそうに。。

さくらが好きなのは、魚のほぐし身で、つゆのとろみが少ないタイプなの。ミンチやジュレじゃダメなのー!!
好きなヤツ
これはもう、日本からイナバさんの「金のだし」をお取り寄せするしかないね。

関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

ビール醸造所の見学に行ってきたよ

最近は仕事、担当範囲が広がってきたりして。だんだん忙しくなってきちゃった。
週2日ぐらいのつもりでいたのに、とくに月初は毎日出ないと仕事が片付かないよ、、、こんなに働くつもりはなかったのになー。

だから6月に入ってからのお休みは、若干ぐったりしてて。とくにお出かけもせずご近所ブラブラだけで終わってしまった。まあ、だんだんいい季節になってきたし、ありがたいことに天気も良かったから。ご近所ブラブラも気分良くて十分リフレッシュできたんだけどねぇ。

とはいえ晴れてても、雲で日差しが遮られると肌寒くて、日差しが戻ってくるとなんだか汗ばむ暑さ。1日のなかでも着る物の調節が難しかったりするんだよ。
Primrose hill 1
↑これは歩いて10分ぐらいのとこにある、Primrose Hillにサンドイッチとビール持って出かけたときの写真。見晴しいいんだよねぇここ。ロンドンアイとか、シャードとか見えてるの、分かるかな。

絵にかいたような雲がいっぱい。
Primrose hill 2
平日なのに人もいっぱい。芝生の上で寝転がったり、ジョギングしたり、水着っぽいの着て日光浴してたり。犬連れが多いし、観光客ではないと思うんだよねぇ。みんな何してる人なんだろう???


その前の週、5月最後の休日は、Fuller'sていう会社の醸造所見学に行ってきたよ。2時間ぐらいのツアー、テイスティング付で1人10ポンド。
(工場の外観とかは、この会社のHPにきれいな画像が載ってるのでそちらをどうぞ。トップページ開くと最初に出てくるよ。こっちのHPってオシャレなの多いなぁって思う。)

12:00出発のツアーに参加したら、12:30になってもガイドさんが現れないの。待ち合わせ場所が工場の敷地の脇にあるパブで。店内で座って待っていられたからそんな気にならなかったけど。でも、お店の人もぜんぜん慌てた感じでも、すまなそうな感じでもないの。参加者のだれも文句とか言わないし。やっぱのんびりしてるよねぇ。

で、結局予定してた担当ガイドさんは来なくて、代理の人が来てくれた。30分も待たされることが最初から分かってたら、待ちながら軽くゴハン食べたのにな。

↓代理のコリンさん。
Mr Colin
創業者(3人)の顔が描かれた窓のまえで熱く語ってるように見えるけども。「昔は川の水をそのまま飲むには不衛生だったので、みんなビールを飲んでいました。朝も、昼も、夜も。大人も、子供も。ビールは水よりも優れているのです。」なんて言ってるんだよ。こわいよこわいよ。

ここで毎日ものすごい量のビールが生産されて、それが街へ送り出されていく様子を見て。ああ、これが街中のパブに届けられて、そこでたくさんの人が飲んだくれるんだなーって考えたら、ちょっとおそろしくなりました。飲んだくれ製造工場だよね。

水飲む感覚でお酒飲むのは、きっとヨーロッパの他の国もそうなんだろうけど。それにしてもみんな飲んだくれすぎです。まえにも書いたけど、会社員だって木曜のランチぐらいからもう飲み始めてて、金曜は働く気はないらしいよ。

だいずが仕事してても、備品とか買うのに大した数量じゃないのに納期まで1カ月かかったりするし。午前中に電話で問い合わせをしたら、確認して折り返すって言うから待ってたのに全然かかってこなくて16:30ごろもう1回電話してみたらもうだれも電話にでないとかさ。日本ではこーゆうのないよなーって思うこと多いよ。
飲むのは構わないけど、ちゃんと仕事してー!!

たしかに、5月に母が来た時に行ったパブも、平日の昼間だったけどスーツ着た男性がカウンターでビール飲んでたし。
Pub on a weekday
Admiralty
知らずに入ったけどここ、Fuller'sのパブなんだね。店内おしゃれだし、食べ物もおいしかったよ。
Fish & Chips@Admiralty
3人だったから、Fuller'sのエールビールを3種類たのんで、飲み比べしたの。London Prideがいちばん飲みやすかったなぁ。


パブは明るいうちから(とはいえ最近は夜9:00過ぎまで明るいんだけどね)外でビール片手にワイワイしてる人たちで溢れ返ってるし。
Pub drink outside
これたぶん、団体客とかじゃないんだよ。テーブルもイスも無いとこで、そこまでしてビールを外で飲む意味がだいずにはまだ理解できません。


・・・なんて言いつつも、見学の最後のテイスティングが飲み放題だったから。全種類飲んだら、ほろ酔いどころではなく本格的に酔っぱらってしまった。朝から何も食べてなかったし、おつまみがオットが持参したポテチしかなかったからねぇ。。
Tasting 2

だいずも、いよいよ飲んだくれの仲間入りかな。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

ゴハンという言葉は分かっている

さくらー、とか、おーい、とか呼んでもぜんぜんこっち見てくれないときに、まだゴハンの時間でもないのに「ゴハン食べる?」て聞いちゃう。そうすると、ベロベロ無心で毛づくろいしてるさくらも、ほぇ?てこっち向くよ。

ゴハン1


ぼーっとしてるときも、「ゴハン食べる?」て言うと真顔になるね。
ゴハン2


このまえ友だちが遊びに来た時に同じように言ってみても、こっち向いてくれなかったって言ってたけど。
母がやったら見てた。だいずと声とか話し方似てるってよく言われるんだけど、だからかなぁ。

それとも、母も猫を飼っているので。猫に伝わる話し方を修得しているのだろうか。。。

母のとこの猫は男の子なんだけどすごく大きくて狂暴で。ブラシかけてーって寄ってきたからやってあげてると、急にイラっとしてだいずの手を噛んだり引っ掻いたりするのね。まあそれは猫にはよくあることだろうけど。その力が強くて、引っ掻き傷がけっこう深いの。

ウチから脱走したときに母が捕まえて抱き上げたら、顔を噛まれて腫れたとこともあるらしい。。。

ほんと怖いんだよねぇ。でも母は、「それでもやっぱりかわいいのよ」と言っております。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

エディンバラ、2回目も良かったよー

5月に母がお友達と2人で遊びに来てくれたんだけど。「どこに行くかはすべてお任せするから連れてってねよろしく」って言われまして。しかしスコットランドに行きたいってリクエストがあったので今回もエディンバラに行ってきたよ。

前回、電車から見える景色がとてもステキでよかったので。今回も往きは電車で1回途中下車してヨークを観光してからエディンバラに入って。帰りはエディンバラから飛行機でヒースローまで一気に戻る、1泊2日の旅。

前回途中で降りたウィンダミア(湖水地方)はイギリスの西側を北上する途中にあったんだけど、ヨークは東側。でも、車窓から見える景色はほとんど似たような感じかなー。やっぱすごくなだらかな丘が連なって、のどかな田園風景がずーっとずーっと続いてるのです。写真いっぱい撮っちゃったし。頭の中は「世界の車窓から」の音楽がずっと流れてた。

train

この前コッツウォルズに行ったときもそうだったけど、今回も菜の花畑がいっぱい。一面黄色でキレイだったー。
train 2


ヨークは中世にできた歴史のある街で。街並がいい感じだった。ロンドンやエディンバラともまた違う味わい。(なのに写真が残っていないというね・・・)そのころにローマ人が街を囲むように作った城壁がまだ残ってるんだよ。いちばんの見どころはヨーク大聖堂で、イギリスではカンタベリー大聖堂の次に格式があるんだとか。でっかくて写真に収まりきらない。。。
york abey
街でいちばん大きな建物だから。道に迷ったらこの建物を目印に戻ればいい。イギリス来て、どこの街に出かけても1つは大きな教会があって。どこにいても教会が見えてるの。日常の中に教会がある感じ。これって日本ではあんまなかった感覚かもなーて思う。

ここもステンドグラスがキレイだったなぁ。
Stained Glass



エディンバラは、前回と変わらず。街全体がとってもステキで歩いてるだけで楽しいし。ムール貝たらふく食べれたし。また行きたい。

今回はQueens Guest HouseっていうB&Bに泊まって。朝食は「Scottish Full Breakfast」をいただいてみたよ。ありがたそうなネーミングなんだけど、中身は目玉焼きと、ジャガイモのパンケーキと、ソーセージ、ベーコン、豆の煮たやつ、キノコの焼いたの、トマトの焼いたの、ハギス(黒っぽい丸いやつ:羊の内臓を細かく刻んでソーセージみたいにしたやつ)。ハギスが入ってるとこが「Scottish」なのかな。
Scottish Full Breakfast
Full Breakfastて食べるの2回目なんだけども。誰が作っても、どこで食べても大きな差のでない献立な気がしましたですよ、2回目にして。。。

観光は、エディンバラ城まで登って(中には入らずに入口まで行っただけ)、ロイヤルマイルをホリルードハウス宮殿まで歩く途中で、ハリーポッターの作者がここで執筆してたってカフェ(the elephant house)に寄ったり、お土産屋さんで買い物したり。

あと、Cadenhead's Wisky Shopていう、ウイスキーをお店で瓶詰めしてるとこもこの通りにあって。前回はショーウィンドーで看板ワンコが昼寝してたんだけど(前回撮った写真↓)、今回は店内をウロウロしてたので。犬に釣られて入ってみたの。
whisky shop

店内にウイスキーの樽が置いてあって。お店のおじさんの説明によると、免税店に並んでるような量産品は複数の樽でできたものを混ぜたり、水を加えたりして、同じアルコール度・味なるように調整するんだけど。ここのは調整せずにそのまま売ってるんだって。そゆう説明を聞いてたら俄然飲んでみたくなっちゃったのねー。普段まったく飲まないのにね。ここの飲んだら好きになるかもしれないし、と思って。

でも、帰りは飛行機だから持ちこめる液体の量が制限されちゃうから。店内で詰める瓶はサイズ的に持ち込めないよって言われて。今回はあらかじめ詰められた小瓶を買ってきたの。もし次回行くことが合ったら今度は帰りも電車かなぁーなんて思ってたんだけど。さっき調べてたらロンドンにもお店があるらしい!今度行ってみるか―。


ホリルードは王室の誰かが来るってので前後10日間ぐらい、見学できない期間にちょうど当たってしまい。脇のカフェでアフタヌーンティーをいただいてきたよ。
afternoon tea at holyrood
あと、売店にはウィリアム王子のとこのプリンセス誕生の記念のお皿とかカップとか売ってて。ここで買わなくてもロンドンでまた別の機会にと思って買わなかったんだけど。マグカップで£39とか高いよぉ(Royal Collection Trustのページ)、、、でも記念になるしかわいいし欲しいなぁ。


ホリルードはテロを警戒していつもより長く見学できなくしてるんだって、宮殿の前のバス停で会った人が言ってたんだけど。エディンバラで飛行機に乗るのも、セキュリティチェックのとこですごく時間がかかって。そうだよなーテロの標的になってる国に住んでるんだよなぁって(日本も今はそうなんだっけ??)意識させられて、なんだか飛行機乗るのすごく緊張した。

エディンバラ市内から空港まで1時間弱、ヒースローから自宅までも1時間ちょっとかかるから。そういう時間まで込みで考えるとエディンバラから電車で帰ってきても、そんな変わらないのかもしれない。その間ずっと寝ていられるし、電車のほうが気楽かもしれないなぁ。まあ電車だってテロの標的にならないわけじゃないんだろうけどね。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

まだまだ箱だらけです

船便の荷物が届いてもう1カ月以上たつけれど。まだまだ我が家はダンボールでいっぱいです。

すこしずつ片づけてはいるんだけどねぇ。。。

箱を動かすたびに、さくらさんによる箱点検が行われます。
それぞれ何が入っているのか。
箱点検1

箱は傷んでないか。
入念な点検ですよ。
箱点検2

ひととおり見まわって、まだまだ箱がいっぱいあると分かってうれしいのか?最終的には箱に囲まれてウットリしたり
箱に囲まれて

箱の上に乗ってウットリしたり。
箱に乗って

よかったねぇ。


***
今日は外出から帰ってきたら、さくらのゲーゲーを発見して驚いてしまったよ。
いままで一緒に住んでて初めてのことだったから、焦りました。(詳細に書くのは控えるけど)たぶん、大丈夫そう。ゴハンをいっぱい噛まずに飲み込んじゃったせいなんじゃないかなぁ。とはいえ心配なので、しばらく様子を見てなにかあれば獣医さんに連れていこう。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

日本から持ってきてもらったもの

4月に友達、5月に母がロンドンに遊びに来てくれて。2人のご厚意に甘えていろんなものをスーツケースに入るだけ持ってきてもらったんだけど。

4月に持ってきてもらったのは
・トイレブラシ
・化粧水
・ボディローションのレフィル
・ケフィアヨーグルトの種菌
・鶏がらスープ(顆粒のやつ)
・さくらのゴハン(ウェット)
・さくらのトイレシート

で。このなかで、一番切望してたのがじつはこのトイレブラシなの。アマゾンで587円ナリよこれ↓
made in japan toilet brush

トイレブラシは家主さんが使ってたやつをそのまま置いてくれてあるんだけど。それが超クサイの。缶の入れ物の中に入ってるから、置いてるだけだと匂わないんだけど、ブラシを取り出したときのニオイがほんとにヒドくて倒れそうになるので。

スーパーとかホームセンターとかけっこういろいろ探してみたんだけど。どこにいっても、ブラシの形はコレなのね↓
toilet brush

家主さんのヤツもそう。歯ブラシみたいに、細長いプラスチック?がいっぱい生えてるやつで。だいずこれキライなんだよねぇ。なんか毛の間に水分が残って臭くなりやすそうだし。見るからに便器の溝の奥には届かなさそうな形だし。そのうえ、買って使ってみて分かったんだけど、ブラシの付け根?首?のところが、グルグル回すとハズれるのね。だからゴシゴシこすってるうちにそこが緩んで、うまくこすれなくなっちゃう。でも手で絞めなおすのもねぇ、、、トイレ掃除してる途中のブラシだもの、さわりたくないし。

いくつかお店をまわって探したんだけど、置いてあるのはみんなこのブラシなんだよ。
バリエーションはブラシが黒いか、白いか。あと、ブラシを入れる容器が、缶か、陶器か、竹か、プラスチックか、、、見た目だけなの!!こっちのアマゾンで検索かけても出てくるのはそんな感じ。
toilet brush @ amazon
おまえたち、ちゃんと掃除する気あんのかぁー!?と心の中で何度叫んだことか。おそろしいね。トイレブラシに限らず、お掃除用品とかキッチン用品には、工夫が無いなーと思うなぁ。きっとそういうものが求められてないんだろうねぇ、マツイ棒とかさー。まあ、マツイ棒はなくてもいいけど、クイックルワイパーとか欲しいなぁ。


5月に母に持ってきてもらったのはこんな感じ。食料品が多いね。
・春雨
・固形スープ(コンソメ)
・ふりかけ(すごい色んな種類)
・カレールウ、シチュールウ
・どん兵衛(袋麺)
・常備薬
・本
・さくらのゴハン(ウェット)

固形スープはこっちでも売ってるんだけどね。
soup stock
上のカップに入ってるのはゼリーぽいタイプ。左の小さ目のが日本から持ってきてもらったコンソメ。同じ固形でも、こっちで買った右のヤツとは見た目から違うよね。

実際、味もやっぱぜんぜん違って。コクがありすぎなのかなぁ。べたっとした重たい味になるから。レモンとか香草とかいっぱい入れる料理や、トマトの煮込みに使うのはよさそうなんだけど、だいずのよく作る料理には合わないので。日本にいるときも使ってた固形コンソメを持ってきてもらったよ。やっぱこれがスッキリしてて良いです。

ふりかけは、ゴマ、ゆかり、おとなのふりかけ、ウナギの蒲焼風味のふりかけ、ちりめんじゃこ、わかめゴハンの素。食べてみて重宝してるのはゆかりかなぁ。美味しいよねぇ!

春雨も、どん兵衛も、こっちで買うと高い。というかどん兵衛は見かけたことないんだけど、赤いきつねが£3ぐらいするよ。しかし袋麺のは上品すぎて・・・やっぱカップのどん兵衛が食べたいです。あと、カップヌードルも食べたいです。なぜイギリスにはないんだろうか。こっちのカップ麺はほんとうにヒドイです。

2回とも持ってきてもらってる、さくらのゴハン(ウェット)は、いなばの「金のだし」てやつ。こっちはそもそも魚味のゴハンが少ないし。店頭で並んでるのみても美味しくなさそうだし。1日にあげる量も少ないので。すこしずつ持ってきてもらったの。なくても困るものではないんだけどね。

ドライのほうもホントは日本の、さくらのお気に入りのをあげたいんだけど。持ってきてもらうには重いし、日本から送るのも送料がバカにならないので、こっちにあるものを試しに買って食べさせてて。イチオウ食べてはくれるんだけども。おやつ用のちょっとグルメな感じのヤツ、日本から持ってきたんだけどね。日本にいたころは、まあ普通のゴハンよりは少し食いつきがいい程度だったんだけど。最近はそれを取り出すと、キャーって鳴いて駆け寄ってきて、ガツガツフガフガいって食べるようになったので。やっぱ、こっちのゴハンは微妙なんだろうなぁ。なやましい。

日本製品てやっぱすごいよねー。きめ細かくて工夫されてて。なのに安いし。みんなほんとよく頑張ってる!て思うようになったよ、こっちにきてから。すばらしいよー。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。