ブログパーツ

さくらの移動用に買ったもの

さくらを連れてのロンドンへのお引越しで、さくら用に買って実際使ったのはキャリーバックと持ち運びできるトイレの2つだったよ。

キャリーバックは、航空会社から指定されたサイズとまったくおなじのがあって。あるブロガーさんが使ってたのを見て、だいずもこれに決めました。
バッグ
sleepypod atom
スーツケースのハンドルに固定できたり、たすき掛けできるようになってて、長旅にも便利に使える感じだったです。

ちょうど座席下に入るか入らないかぐらいの高さ。
座席下

KLMだと、猫の機内持ち込み料が200ユーロで。座席は3人掛けのところを2人で使わせてくれたので。真ん中の席の足元にさくらのバッグを置いてました。

この写真を見ると、さくらが怯えてたのを思い出すなぁ。。。懐かしい。
飛行機に乗る前、ゲート近くのベンチで座ってたら、さくらがすごくバッグから出たがって。たぶん、搭乗アナウンスがひっきりなしに流れてたのが怖かったんじゃないかと思うのだけど。犬みたいに口を開けてハァハァ息をし始めて。こんなんじゃ飛行機乗ったらどうなっちゃうのーってすごく不安になって、半べそかいてたです。
離陸して1時間ぐらいで落ち着いたんだけど。それまでほんと心配だった。


あともう1つの持ち運べるトイレは、この赤のギンガムチェックのやつね。折りたためるやつ。
トイレ
猫壱 ポータブル トイレ

これと、トイレシートと、トイレ砂をセットにして持ち歩いてたよ。飛行機のなかでもトイレが混んでないときを見計らって、さくらをトイレに連れて行ってキャリーから出してあげて。水やゴハンをあげたり、持ち運びトイレを広げて使わせたりしたよ。


あとは、ハーネス&リードとか、水筒とか買ったけど使いませんでした。
ハーネスは、出国のときにネコをバッグから出して金属探知機のとこ通るってどこかで読んだので買ったんだけども。実際はバッグから出さなくて大丈夫でした。

水筒は、直接飲ませるタイプなんだけど。さくらに気に入ってもらえなかったので、、、お水用のお皿を持ち歩いてた。

ポータブルトイレは今もウチで活躍中。イギリスで売ってるネコトイレは微妙なので。船便で「ニャンとも清潔トイレ」(システムトイレ)が届くまではこれを使うつもり。
関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

料理すこしやる気が出てきたよ、Amazonさんありがとう。

箱が届いたよ。アマゾンで買ったの。
箱入り2

買ったのは箱じゃなくて料理本なんだけどね。さくらはこういう狭い場所が欲しかったに違いない。
一石二鳥。

こっちは売ってる野菜が日本と違うし。もちろんトマトとかもあるんだけど、日本で売ってるのより味が薄かったり固かったりして。いままでと同じような使い方をしてもなんだかシックリしないのね。フレッシュハーブが安く買えたりするんだけど、あんま使ったことないし。

なので、こっちの料理本でも買って、知らない野菜やハーブの使い方とか、こっちの味付けを参考にしたらいいんじゃないかと思って、まずは本屋さんに行ってみたんだけど。こっちの本ってハードカバーばかりで重くて高いので(1冊£25とか!)気軽に買える感じじゃなかったのです。アマゾンとかで評判見てから買おうと、何も買わずに帰ってきたんだけど。
なんとアマゾンで見たら、かなり割り引いて売っててびっくり。日本とは流通システム?が違うんだねぇ。
本屋さんで見たのと同じ本が、半額ぐらいで買えちゃうのですよ。おどろきー!

で、いい気になって4冊も買ってしまった。
本

左上が先週行ったOttolenghiさんの本、右上が中東料理の本(去年すごく売れたらしい)。この2冊は趣味というか、まずは見て楽しむための本で。
左下は週£10の予算でやりくりしてた主婦ブロガーさんの本で、なるべく簡単に、手に入りやすい素材で作れるように工夫されてるレシピっぽい。右下はフードライターさんの、簡単だけど使う素材やその組み合わせが気が利いてる感じ。レシピが600種類以上も載ってて、素材別のインデックスがあるので。「今日は鶏肉使ってしまいたい」てときに鶏肉でレシピを探せるのです。知らない素材もどう使ったらいいか探しやすいよね、これなら。
まずは下の2冊でいろいろ試しに作ってみたいな。

今日はさっそく右下の本のレシピで夕飯作ったよ。鶏肉あまってて。サッパリしたもの食べたかったのです。
レシピ
Roast Chicken Pho

これ、なかなかウマかったです。ローストチキンの甘辛タレがアクセントになってて、ぼーっとしがちなフォーの味が引き締まる気がする。
最近何を作っても微妙すぎて料理に疲れていたけれど。すこしやる気が戻ってきたぞ。楽しくなってきた。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

オットとご近所散策第2弾

オットは毎週水曜を休みにすることにしたらしい。これまでずっとほとんど休みなく働いてたみたいなので。よかったよかった。
昨日の休みは、最寄駅の1つお隣、カムデンってとこにあるフィッシュ&チップスやさんに行ってみたかったので、またもやご近所散策したよ。

先週行ったPrimrose Hillよりもさらに南に行ったとこにある、Hookっていうお店。Trip advisorで近所のレストラン見てたら、ここ、すごく評価が高かったので。試してみなければと思ってね。
Hook店内

HPによると、ダブリン(アイルランド)で屋台から始めて、そのあとブリュッセル(ベルギー)でレストラン開いたら大成功したらしい。フィッシュ&チップスだけの店なんだけど、6種類ぐらいメニューがあるの。大きく分けて2種類、PankoとTempuraがあり(日本料理か?)。フィッシュ&チップスに良く使われるのは魚はタラなんだと思うんだけど、ここは他にボラとか鯛とかそのときどきで採れる魚を、それにあった味付けの衣で揚げたものがメニューに上がるみたい。

とりあえず他とも比べやすいように、タラにしてみたよ。
フィッシュ&チップス
Classic Panko Crusted Cod with Seaweed Salted Chips & Homemade Tartar £10
写真の奥はサイドメニューの、アンコウのホホ肉のカレー風味フライ£6

このあとカムデンのマーケットに行く予定だったから。そこで屋台のゴハン食べれるようにと思って1人分を2人でシェアしたの、正解だった。タラの下に敷かれているポテトフライの量がハンパなくて。2人で分けても満腹だったよ。
アンコウは弾力のある食感でなかなかよい。タラはさっぱりしてて食べやすかったな。パン粉なのもサクサク軽くて良い。Trip Advisorでは「今まで食べた中で一番おいしいフィッシュ&チップス」みたいな評価が多かったんだけど。でもこれってよくあるタイプとはちょっと違うよね。オーソドックスなものにちょっと飽きたときに、こういうちょっと代わり映えしたものって美味しく感じるとか。そゆこと?

この店と同じ通りにWhole Foods Marketがあって。ここ、アメリカのチェーンなんだねぇ。名前は聞いたことあったけど、入るのは初めて。カルディとか成城石井ぽい感じで面白い。
Whole Food Marketデリ
ここのデリ食べてみたいなー。次はおなかを空かせて来よう。

そして駅に向かうと、街並みはこんな感じ。
カムデン

原宿みたいなとことは聞いていたけれど。たしかにそんな感じだな。
Camden Lock Marketは駅から北に歩くとすぐのとこ。週末がにぎわってお店も多いんだろうけど、平日もやってる。
カムデンロックマーケット
Tシャツやさんとか、ロリータっぽい服やさんとか。古着屋さんは日本の古着屋さんと同じでインドのお香のニオイがキツイ。食べ物の屋台がいっぱいあったんだけど、すこしずつ試食させてくれるから。買う前に満腹になっちゃったよ。

そして夜は先週と同じく、スーパーで牛肉を買ってステーキにしたよ。先週はWaitrose、今週はMorrisons。おなじ部位で金額はそんなに変わらないんだけど。Morrisonsのがハラミが固くて噛み応えがありました。よく噛んだ方がアゴが細くなって良いかもしれぬー。



関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

日向ぼっこ最高

ここ数日、1日の中でも晴れたり曇ったり小雨降ったり、いそがしいお天気な日が続いてて。
1日中曇ってた日はよくベッドの上でお昼寝してたさくらも、お昼寝場所をリビングの窓際に変更中。

あれーさくら、ベッドにいないや、どこだろかー?て探すとだいたいここにいるよ。
伸び

日が陰ってても、少し待てばまた出てくることを知っている。賢い猫なのです(ネコバカ
待ち

ほら出てきた。
出た

日向ぼっこ最高(ФωФ)ウェーイ 
この足www
しっぽ

天日干し完了!
でれん

このお日様でほっかほかになったおなかのモフ毛に顔をうずめてくんくん臭いをかぐのが好きだー。しあわせだー。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

Victoria & Albert Museumでまずはカフェを満喫してきました

今日は、South KensingtonにあるVictoria & Albert Museumに行ってきたよ。ヴィクトリア女王とそのダンナさんのアルバート公が基礎を築いたんだってー。19世紀に始まった美術館。

入場無料で、館内で寄付を募ってる。館内MAPは表紙に£1て書いてあって脇に募金箱があったよ。

1日じゃ全部見きれないので。最初からのんびり見てまわってみた。今日は3時間ぐらいここにいたんだけど見たのは

・ジュエリー(ここだけは撮影不可だそうだ)・・・今日は一部だけ。また今度来る。
・Sacred Silver(宗教の儀式とかで使われたものとか)とステンドグラス
・中東、インド
・ファッション


ジュエリー(石)と布が中心で、彫刻とか素通りしちゃった。

↓見てこのでっかいの、スピネルなんだよ!こんな大きいの初めて見たかも。
スピネル
ムガル帝国の、お金持ちが身に付けてたペンダントだって。下のサムリングも素敵だよね。左の白ぽいのはアゲートの縞目がかわいいの。
あと、インドや中東のカーペットもすごくステキだったなー。


そしてカフェへGO!今日はここがメインだったかもしれません。
ウィリアムモリスがデザインした部屋とかがカフェとして使われてて。セルフサービスでゴハンとかお茶とかできるのね。

部屋は3種類あるんだけど、だいずはこの部屋がいちばん好きでしたので。ここでのんびりお茶しながらお部屋を鑑賞してみたよ。
Gamble Room

なんとかプディング(プリンって言っても焼き菓子だよこれ)と紅茶をいただきました(£7.15)
Cafe

レシート見たら、ここbenugoでした。恵比寿のお店の前よく通りかかったけど、実は一度も入ったことなかった。。。
しかし、このケーキ好きだー。このおいしさ、なんと表現したらよいのだろう。味も食感も違うけど雰囲気的には黒棒みたいなホッコリ系。お惣菜もおいしそうだったよ。

今日は館内にある本屋さんでジュエリーの本も買ったので。
↓入れてくれた袋もオシャレだったー。
本

これ読んで少し知識を入れてからまた来よう。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

世間では今日は猫の日とか言ってますけども

ウチは毎日が猫の日ですから。と、さくら様。

猫の日

The world is my oyster. とまで言ったとか、言わないとか。
なんてね。

ちょうどさっきOyster Cardっていう、ロンドン版SuicaがなんでOyster(牡蠣)なのか、名前の由来を検索したので。仕入れたばかりの知識を披露してみたw
Oyster
(これ、ネット登録すると、ネットでチャージができたりするんだよ。便利~!)

The world is your oyster.(世界はあなた次第)ていう言い回しのOysterなんだって。粋なネーミングよね。
シェイクスピアの喜劇のセリフが元らしい。。。

まあ、少なくとも我が家はher oysterかもしれませぬがね。ふふふ。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

ぬいぐるみではありませんよ

ときどき、ふと床をみると、ぬいぐるみみたいなかわいいのが転がってて。かわいすぎて倒れそうになりますがこれは猫です。

寝方1

なんですか、このオバケみたいな手は。かわいらしい小さな耳は。
そして、よく見ると黒くて長いまつ毛が生えてるよ。女子力超高いのよ。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

ポートベローの蚤の市に行ってみたよ

今日はポートベローの蚤の市に行ってきたよ。ノッテッィングヒルのポートベロー通りに、土曜だけアンティークとか野菜とか食べ物とかの屋台がたくさん出るのです。

だいずのウチ出てすぐのとこにあるバス停から、バスで1本で行けちゃうの。20分ぐらいかなぁ。掘り出し物を探すなら6時のオープンに合わせたほうがいいんだろうけど、朝寒そうだし。冬だから人出少ないかもしれないし。まずは下見のつもりで10時ぐらいに出かけたのですが、、、甘かった。ものすごく混んでた。
ポートベロー

食器(陶器、銀製品)、置き物、かばん、天然石、ジュエリーなどなどいろんな屋台が出てるけど、混んでるからジックリ見れないし、ぱっと見た感じ惹かれるものも今日は特になし。食べ物屋さんも事前に調べて行ったんだけど、どこも混んでて入る気にならなかったよー。ハミングバードベーカリーもあきらめました。食べたくなったら平日に来よう。(今サイト見たら、オンラインでも買えるらしい。。並ばなくて良かった)

道沿いの店舗にも、アンティークのお店がたくさん入ってて。このCentral Galleryはアンティークジュエリーを売るブースがたくさん。このデザインはあの年代のものとか分かるようになったら、見ててもっと楽しくなるんだろうかー。ここはまた来たい。
ギャラリー


2時間ぐらいウロウロして体も冷えてきたので屋台のパエリア食べて温まったよ(1人前£6.5)
パエリア

野菜も屋台が出てて。新鮮そうで、そのうえスーパーよりもちょっとお安かったのでためしに少し買って、さて帰ろうとバス停に向かって歩いてたら、なんだか素敵なデリを発見。デイルズフォード(オーガニック食材のお店、青山にお店あるみたいね)とか、Granger & Co(billsみたいなとこ、、、と思ったら、サイト見たらbillsそのものだった)とか、セレクトショップとかおしゃれなお店がいっぱいのWestbourne Grove通りから1本入ったとこ。
ケーキの店
OTTOLENGHI

ここもそこそこ混んでたけどすぐ買えたよー。
ケーキ

(左)オレンジピールが入ったシフォンっぽい食感のスポンジの上に、結構酸味が強いクリームとココナッツが乗ってるのと、(右)リュバーブのタルト?の上にメレンゲぽいクリームがどーんと乗ってて焼かれてて。表面はサクサクなんだけど下の方はクリーミーなの。ナッツも入ってた。タルトに入ってる果肉が相当酸っぱい。2つで£9.5でした。

甘いけど、相当酸っぱいものと組み合わせてるから、なんか爽やかで。口の中で味がはじける感じ。日本のケーキってもっと繊細で。それとは対極的な(おおざっぱな?)感じなんだけど、だいずは結構好き。
このお店、有名なんだねぇ。Yotam Ottolenghiさんの料理本、買っちゃおうかなぁ。

ロンドンの食、すごく楽しいかも。
高いけどね。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

さらば、デレな日々よ

このウチに来てしばらくは、夜寝るときも一緒だったし。べったり甘えんぼうだったのに。

昨日ぐらいから、夜は一緒に寝てくれなっちゃった(T_T)
起きてる時間も、だいずがリビングにいるとベッドルームに行っちゃうし、追いかけてベッドルームに行くとリビングに逃げられる。。。完全にツン要素が盛り返してきたのです。がっかり。

ちょっと前までこんな甘え顔で見つめてくれたのにぃ。。。

寝方2

このウチに慣れてきたのはいいことなんだけどね。
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

オランダからイギリスに向かうフェリーでは、猫はケンネルに預けなければなりません

オランダからイギリスへはね。

アムステルダムから電車で2時間ぐらいのとこにHook of Hollandていう港があって。そこから出てるStena Lineのフェリーに乗って、イギリスのHarwich港に向かうのです。22:00出港、翌朝5:30にはHarwichに着くけど船を降りられるのは6:30すぎ。(たぶん入国審査が始まるまで出られないってこと)

エコノミー2名(£73)+キャビン1室(£51)+朝食2名(£21)+ケンネル猫1匹(£15)で合計£160。

Hook of Hollandには20:00頃着いたかなぁ。鉄道駅から見えるところにStena Lineの建物があるのね。入るとすぐに審査官の人に声かけられて、パスポート3冊とe-ticketのプリントを渡して。さくらはマイクロチップを読み取って確認されて。「猫は必ずケンネルに入れるように」とイカツイ感じで念押しされて審査終了。で、すぐに乗船できました。

ケンネルにさくらを入れてから、だいずたちはキャビンに荷物を置きに行ったの。
キャビンのTV付けると、ケンネルの様子が見れるんだけど。さくらが一生懸命、格子の間に顔を突っ込んで出ようとしてるのが見えたよ。。。

あらあらと思いつつも、まずはサクっと夕飯食べてからケンネルに様子を見に行ったら、さくらは奥の方に引っ込んで完全にいじけてた。扉を開けてもなかなかこっちに近づいてこないし。
いじけてる

近くで見ると、かわいそうに目じりのところ、まぶたが赤くなってて痛々しいことになってたよ。格子の間に顔突っこんでたからね。格子には、これまでここに入れられた犬たちがガリガリ引っ掻いた後が残ってる。。みんなここから出たかったんだね。
檻

部屋で見れるモニターはこんな感じで、奥に引っ込んじゃうと見えないし。
モニター

さくらのゴキゲンが直るまでしばらく、だいずはケンネルに居たよ。1時間ぐらかなあ。この部屋、空調あんま効いてなくて冷え冷えしてたから、ストレッチしたり体ゆすったりして。ほかに誰もいないから自由気ままに過ごしてました。

ヨーロッパのどこかの国では、犬を5時間以上留守番させるのは虐待とみなされて刑罰の対象になるとかってテレビで見たことあるんだけどさ。ケンネルならいいわけなのかー?なんて考えながらね。

まあ、だいずがこのフェリーを選んだんだからしょうがないんだけどさ。でもイギリスが承認してるルートでだいずたちが使えるのがこれぐらいしかないんだもん。飛行機は持ち込みOKなのにさー。ぷすん。

フェリーを降りて入国審査のとこ通過するとすぐに鉄道の駅があるから。それに乗ってロンドンへ!長かった旅も、もうすぐ終わりです。
続きを読む
関連記事
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。