ブログパーツ

ブルーベルの森に行ってきたよ

ロンドンに引っ越してきて3回目の春にして初めてブルーベルの森を見に行ってきたよ。この春が来るずいぶん前から、今年こそは絶対に行くぞと気合入れてたのです。

Ashridge EstateっていうNational Trustが管理している5000エーカー(25km2)の土地のなかにあるDockey Woodを目指して出かけました。ウチから車で1時間。わりと近い。
ashridge map 

駐車場から小一時間歩くらしいからいい散歩になると考えていたのに。Dockey Woodをナビの目的地にしちゃってたので。Dockey Woodの脇にある駐車場に車留めて、徒歩30秒でこの光景↓が見られちゃった!!

どーん!
bluebell ashridge 1 

ブナの木(かな?)の新緑のキミドリ色と、ブルーベルの青紫色の組み合わせがものすごくキレイ。あいにくの曇り空だったけど、それでも十分幻想的。ブルーベルの森には妖精が住むと言われているのだそうだ。たしかに妖精いそう。

bluebell ashridge 2 

キレイだとは聞いてはいたけれど。これはすごい。晴れた日にも来てみたいなー。

これはイギリス在来種なんだけれど、より生命力の強いスペインからの外来種がイギリスに入ってきて、交配も進んで激減しちゃったらしく。今は保護の対象になってるそうです。
bluebell ashridge 3 

<Wikipedia イングリッシュ・ブルーベル より>
英国では「野生生物および田園地帯保護法」によって保護されている種。土地所有者が自分の所有地から球根を掘り起こして売買することは禁止されており、野生の球根を自生地から採取することは犯罪である。この法は1998年に強化され、野生の球根または種子のいかなる商取引も違法となった。


Dockey WoodはAshridge Estateのなかでもたぶんここだけ、塀で囲まれてて。さらに週末10:00~16:00は入場料がかかるらしい。。(知らなかったけどたまたま着いたの9:00過ぎだったのラッキー)
bluebell ashridge 4 

Bluebellの森を堪能したあとにAshridge Estateのビジターセンターに行ってまずはカフェで朝食をいただき。
bluebell ashridge 5 
素朴で美味しかった!

ブルーベルのほかにも、景色のいいお散歩コース(フットパス)はいろいろあるようなんで。センターの人に相談して、1時間ぐらいでまわれるコースをおススメしてもらったよ。
Ashridge walk 9 

結果2時間ぐらいかかったんだけど。ほんとに広い。ずいぶん昔から公爵や伯爵によって所有されてきた土地が昔からそのまま、分割されることなく保護されてる。

歩いても歩いても自然がいっぱい。手入れされた美しい田園。ずーっと奥、突き当りに見える古い建物がAshridge House↓
Ashridge walk 1 
↑この道の左側はゴルフコース、右は森。ここもワンコ連れが多かったー。ワンコには楽しい場所だろうな。リード無しでもちゃんとご主人と一緒に散歩してる。コロ(オットの実家で昔飼ってたワンコ)なんか連れてきちゃったら、ぜんせんシツケてないから喜んで走って行っちゃってそのまま行方不明になっちゃいそうだからダメだね、なんてオットと話しながら歩きました。

丘の上にAshridge House。
Ashridge walk 5 

ほんとに広大。
Ashridge walk 6 

昔の貴族たちも、こんな風にお散歩したり乗馬したりして過ごしてたのかな。ずいぶん前に観たイギリスのドラマ「高慢と偏見」でこんなとこを散歩する場面があった気がする!(きっと違う場所なんだろうけど雰囲気似てるの)ドラマの一場面のなかに迷い込んだような錯覚。
Ashridge walk 7 

この木は何の木?樹齢何年なんだろう。
Ashridge walk 3 

森の中はあまり鬱蒼としてなくて。歩きやすかったなぁ。
Ashridge walk 8 

ということでこの週末はブルーベルと新緑の美しい色・香りを満喫してきましたよ。フットパスのお散歩の楽しさに目覚めてしまったかも。お散歩用のシューズを買ってこの春夏は森デビューしようかなぁ。高慢と偏見のロケ地めぐりもしたいなー!

スポンサーサイト
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

<弾丸アテネ③>シーフード欲は十分満たされました

アテネ滞在の24時間で、食事4回、お茶2回。
土曜の夕方ホテル近くのレストランで軽くゴハン、夜8時に日本焼き肉、日曜朝はホテルの朝食、散歩中に1回お茶してからランチ、そして空港でゲート開くの待ってる間にお茶。土曜はアテネにつく間でほとんどなにも食べてなかったからってのもあるけど。短い時間によく頑張ったと自分を褒めてあげたい。

アテネに行く前からずっとシーフードを食べたいと思っていたの。まあロンドンでも日本人の強い味方、プリヒル姉さんのいる魚屋さんがあったりして。美味しいものもちゃんと手に入るんだけれど。現地のレストラン情報を見ていて、どうしてもどうしても食べたかったのがこれです。

どーん!
Food in Athens 1 
イカぁぁぁぁぁ!

日本にお住いの方々からしたら、なんだフツーじゃんって思うかもしれないけれど。ロンドンでよく出てくるイカは小ぶりで身が薄くてサッパリしてるんだよね。(しかも高い。有頭エビより割高な気がする。)でもこのイカは期待通り、ねっとりした食感・味で非常に美味しかったです。大満足。

同じお店で食べたエビも見てこれ。
Food in Athens 2 
美しい。まあ、エビやムール貝ならロンドンでも不自由はしない。

タラモサラダも美味しかった!メニューには違う名前で書かれてたけど「タラモサラダ」で通じました。トロトロっと少し粘り気があって、生臭さもなかったよ。
Food in Athens 3 

ここは日曜のお昼に入った、アナフィオティカのなかにあるGeros Tou Moria Tavernていうレストラン。路地階段にテラス席があって、オンシーズンには観光客でいっぱいになるみたい。夏の晴れた午後に、このテラス席でビールでも飲みながらシーフードってかなりゴキゲンになれそうよね。
Food in Athens 4 

しかしこの日はまだまだ寒くて。外を通りかかるのは猫ぐらい。他にお客さんぜんぜんいなくて。そばのテーブルでスタッフたちが4~5人でおしゃべりしたり歌ったりしてた。
Food in Athens 5 



土曜の夕方食べたゴハンもシーフード。
Food in Athens 7 

ムール貝、イカ、エビに、お米みたいな形のパスタが入ってる。シーフードのいいスープをいっぱい吸ってて美味しかったなぁ。。。(うっとり

白いカルピスみたいな飲み物はウーゾっていうギリシャのお酒。ボトルに入ってるときは無色なのに、お水で割ると白濁するの。不思議。
Food in Athens 6 
ぶどうの蒸留酒でアニスの香りを付けたもの。甘い香りなんだけど味は甘くない。ちょっとでも甘味が付いてたら飲みやすそうなんだけどな。ギリシャの人は、このお酒が大好きなんだってさ。

5時過ぎに入ったんだけれど、お客さんで賑わってたよ。ホテルから近いからってだけで選んだんだけどアタリでした。TZITZIKAS & MERMIGASってお店。
Food in Athens 8 


あと、日曜の散歩途中に入ったカフェではギリシャコーヒーを飲んだよ。職場にギリシャ出身のスタッフがいて。これ飲んでみてって勧められたのです。フレッド・カプチーノだったかな?フレッド=アイスってことらしい。あんま分からずに頼んじゃったので、、、冷たいものを外で飲んで一層冷えましたwでも美味しい!
Food in Athens 9 
粉状にしたコーヒーを煮たてて上澄みを飲むものなんだって。普通のコーヒーとは確かに雰囲気が違う。苦みが強いけど相当甘くして出てくるので。苦いの苦手なだいずですが、これはなかなかクセになるお味でした。また飲みたい。

このMomaってお店、古代アゴラの遺跡(→ABロードの記事)の南側の道沿いにあって。道の向こう側がアタロスの柱廊なの。眺めがいい場所だからかな、この通り沿いのカフェは結構賑わってた。

お店の地下1Fは床がガラス張りになってて、下に遺跡ぽいものがあるのが見えたよ。
Food in Athens 10 
こういうの、街を散歩してても見かけたので、このお店特有なものではないけれど。遺跡の街なんだなーって。「おおお」ってなりました。


そしてオマケの、土曜の夜食べた日本焼き肉。
Food in Athens 11 
日本ぽくみえるようにしてるけれど。ここは日本人がやってるお店じゃないね。焼き肉も天ぷらも刺身もある。そして点心もある。まあロンドンもそういうお店多いけど。写真の肉は「Wagyu」なんだよ。結構高いのに。出てきたときに「え?」ってなっちゃった。

まあ、やっぱりその土地で採れるものを、その土地で食べられてる方法で食べるのがイチバンよね。

今は、卵かけゴハン(こっちは生食できる処理がされてない)、ホルモン焼き(こっちはたぶん流通してない?)、東京の回転寿司レベルでいいので美味しいお寿司(こっちのお米は冷えると固くてボソボソする。日本産の米を使ってる店はお高すぎる)、むら田さんのラーメン(ピンポイント!)が恋しいです。でも、この欲求はイギリスにいるかぎり満たされないので、あまり考えないようにしているよ。

ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

<弾丸アテネ②>猫といっしょに散歩しちゃったよ

昨日、ロンドンでテロが起きてしまいました。
いつ起きてもおかしくない、あの道をもしかしたら昨日歩いてたかもしれない。(幸か不幸か、昨日は「やってもやっても仕事が終わらない」とブースカぼやきながらオフィスに籠ってましたw)偶然あの場を通りかかってテロに遭われた方、そのご家族のことを想うと涙が出ます。たとえ命が助かったとしても、どんなに怖い思いをされたことか。

通っている美容室の最寄があそこの駅で、2カ月に1回ぐらいは出かけるのね。でも国会議事堂(ビッグベン)、ロンドンアイ(観覧車)、ウエストミンスター寺院などなど集まってる観光どころで。いつも人がいっぱい、道が広いので車もビュンビュン走ってて。狙われやすいんじゃないかなーと思って美容室に行くときはいつも1つ先の駅を使ってたのです。

とにかく、今のところ無事に、元気にブースカ言いながらオシゴトしてます。心配してくださった方々、ありがとう。どこにいたって何が起こるか分かりませんので、みなさんも気を付けて。
************

さて。アテネ旅行の続きです。
①で書いた通り、アテネではお散歩とシーフードと猫を満喫。日曜の午前中にお散歩したアナフィオティカって地域は細い路地がいっぱいで。そこにいっぱい猫がいたの。わさわさ。車が入れないような道が多いから、野良ネコ見かけても、たくさん心配しなくて済むね。
cats in Athens 1 

茂みの間なんかからニョっと出てきて。ゆるゆるお散歩してる猫たち。
cats in Athens 2 
みんな痩せてて(さくらと比べちゃったら、みんなガリガリw)、若そうに見える。お年寄りはどこかでじっとしてるのか、それとも猫エイズとかがこの辺にもあって短命だったりするのかな。

cats in Athens 3 

↓だいずたちが近寄ってもぜんぜん怖がらずに、木でツメ研いでたよ。
cats in Athens 4 

↓この並んだミカンたちはもしや、猫が近寄らないようにしてるの?
cats in Athens 6 

この子がじーっとドアの前で座ってる様子を写真に撮ったり話しかけたりしてたら
cats in Athens 13 

↓道の向こうから歩いてきたおばあさんと目が合って、ニッコリ笑ってくれたの。そしたらここ、おばあさんの家だったみたいで。
cats in Athens 14 

おばあさん、おウチに入るときにこの子になにか話しかけてからおウチに入っていったけど。この子は一緒に入らずに。でもそのあと、おばあさんの入っていったドアの方に向きが変わってた↓かわいすぎる。
cats in Athens 15 

↓この子は最初からすごくだいずに甘えてきて。
cats in Athens 7 

会ってすぐに、こんな風にしっぽをだいずの足に巻きつけてきたの。さくらもよくやる、甘えの腰つきだわね。
cats in Athens 8 

で、だいずの先を歩いたり
cats in Athens 11 

うしろからついてきたり。
cats in Athens 9 

どこに連れてってくれるんだろうってワクワクしながらお散歩したよ。ほんとかわいくって、連れて帰りたいぐらいだったー。猫ってなんでこんなにかわいいんだろう。

でも、ほんとに連れて帰ったら我が家のプリンセス、さくらさんにぷっしゃあああああーって怒られちゃうものね。残念。

ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。