ブログパーツ

<弾丸アテネ①>結局ギリシャに行ってきたよ

先月行くはずが飛行機に乗せてもらえなくて。

やっぱりオシゴト上で行っとくべきだということになり。先週末に行ってきたよ、アテネ1泊2日の旅!

お休み取ってる余裕がないし、さくらさんにはお留守番してもらうので我が家的には1泊が限界で。アテネで土曜の午後4時に飛行機を降り、日曜の午後4時に帰りの飛行機に乗る、滞在時間24時間の弾丸ツアー。飛行機に乗ってる時間が片道3時間、空港に2時間前に入ってたから、移動時間だけで合計10時間かけて行ってきましたよ。。。でもヨーロッパの端っこにも1泊でなんとか行けちゃうことが分かったので。これからは西欧各国を週末旅行しちゃおうかなぁ。

で、アテネの街並はこんな感じ↓
パルテノン神殿(この画像の右端)は結構高いところにあるのねー。

これ、日曜の朝8時ぐらいに撮ったんだけど、教会の鐘がディンドンディンドン、ゴーンゴーンってずーっと鳴り響いてました。これ、青空だったらもっと素敵だろうなぁ。。。空港で飛行機降りたときはどしゃ降りだったんだけれど、アテネの街についてからは1度も傘をささずに済んだし日曜最後の4時間ぐらいは晴れて。雨じゃなかっただけでもありがたいんだけどね。


土曜日は着いたらもうほぼ夜なので。ホテルはシンタグマ広場(国会議事堂があるとこ)の近くで。その近辺でゴハン食べて終了。日曜は朝7時にはホテルをチェックアウトして、アナフィオティカっていう地域をグルグル散歩したの。

Athens 1 
アクロポリス(パルテノン神殿とかがあるところ)の北側の地域なんだけれど。

1800年代にエーゲ海のアナフィ島からきた職人たちが手掛けたエリアで、ここに建ってるのはエーゲ海のミコノス島やサントリーニ島とかにあるような石造りの建物なんだって。
Athens 4 

俄然、ミコノス島やサントリーニ島に行きたくなっちゃった。長期の休みが取れるか、もしくはイギリスを離れることになったら、そんなリゾート地に寄りながら日本に帰りたいなあ。。
Athens 7 

車も入れないような細い小道がいっぱいで絵になる風景だらけ。奥の国旗が立ってるところがアクロポリス↓
Athens 8 

向こうに見えるのはリカヴィトスの丘。あっちも見晴し良いらしい。
Athens 2 

この地域は猫もいっぱいいて。すごく楽しいお散歩でした。

ギリシャって財政難っていうから、もっと治安とか荒れてるのかと思ってたんだけど。ぜんぜんそんなことはなかった。ただ落書きだらけだったり、もともとは観光用に整備されてた散歩道が封鎖されてたりして。やっぱ国が貧乏なせいなのかなーって雰囲気はあったねー。まあ、オフシーズンだからかもしれないけど。

上のアナフィオティカの写真は古い建物ばっかりだけど。泊まったホテルのあたりは大使館とか、ホテルとか、立派な建物がいっぱいで。中心部もやっぱりロンドンの建物とは雰囲気が違うのね。レンガがない。
Athens 5 

繁華街もなかなかオシャレな雰囲気でしたよ。
Athens 6 

そしてそして。
アテネはシーフードも美味しかった。お散歩とシーフードと猫、それだけで十分充実の1泊2日でした。アテネはこれだけで十分かもしれない。時間があるなら島だな。

写真いっぱいなので。猫とシーフードはまた次回に。
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

ギリシャに行けなかった話

これまたお仕事の参考に。新しく買おうとしている日本製の機器があって、それがヨーロッパだと1軒だけ、ギリシャで使ってるお店があるっていうからさ。それが使われてるとこを見に行ってみようということになり。

この週末はギリシャ(アテネ)に1泊2日の弾丸旅行する予定だったの。
飛行機はライアンエアーの格安航空券が2人で350ポンドぐらい、ホテルも1部屋60ポンドぐらいのお部屋を取って。土曜の9時のフライトでアテネに2時着(時差2時間&フライト3時間)、日曜の16時発18時着で帰ってくるって言うね。

まあ半分オシゴトだけど、ついでにサクッと南の国の温かいお天気とシーフードと遺跡を楽しんでこようじゃないかと張り切っていたんだけれど。

なんと土曜の朝はここ↓まで来て乗せてもらえないことが発覚。
Stansted 1

ヨーロッパ便って国内線扱いみたいなんだよね。チェックインは事前にオンラインで済ませてあって。そしたらもうセキュリティ(手荷物検査とか)受けるだけで乗れちゃうの。だから空港着いてから搭乗ゲートまでの間、いちどもパスポートを見せる場面が無いのです。

で、さて乗ろうとゲートでパスポートを見せたら、オットのパスポートの残存期間が3カ月を切っているので搭乗できないよって断られてしまいました。。。残存期間がちょっと足りなくて2カ月と20日ぐらい。ちょっと足りないだけだし、なんとかならないかと食い下がってみたけどダメでした。。。残存期間が足りないならビザがないと入国できないんですねー。

この旅行が決まってからというもの、だいずの鼻唄は「むかーしギリシャのイカロース―はー♪」って、蝋で作った鳥の羽で空を飛べたもんだからいい気になって高く舞い上がりすぎて太陽の熱で蝋が溶けて海に落ちちゃったっていう、あの唄ばっかりだったのだよね。だいずたちはイカロスのように飛び立つことすらできなかったけれど。こんな悲しげな唄ばっかり歌っていたのは空港で起きる悲劇の前ぶれだったんだろか。(考えすぎ)


だいずも今回まであんま分かってなかった。残存期間けっこう重要なのね。。。ギリシャはシェンゲン領域国なので、出国時の残存が3カ月、かつ、10年以内に発行されたパスポートじゃなきゃダメなんだってー。
国によっては帰国時6カ月っていうとこもあるのね。だいずはまだあと3年ぐらい残ってるけど残1年切ったら気を付けなきゃと思いました。今回は気軽な1泊旅行だからショックはそんなでもないけど。すごいキアイ入ってる旅行で乗れなかったら無念すぎて立ち直れないよ。

さて、どうやって外に出るのかというと。
セキュリティのとこまで戻って、空港職員さんに事情を話し、普段はロックかかってる扉を開けてもらうと、到着の人が荷物拾うところに出られました。空港職員さんですら「えー!?ほんの数日足りないだけじゃない」「オンラインでチケット買うときパスポートの有効期限入力してるでしょ?何にも教えてもらえなかったの?」ってだいずたちに同情的な反応だったのが意外だったし。外に出してもらってたの、だいずたちのほかにもう1家族(パパ、ママ、息子)おナカマがいたのがなんとなく救いだったような。(よくあることなのねーって)

土曜は朝5時半に家を出て空港の搭乗口で引き返して午後1時には帰宅。まあ、こういう体験も1度はいいかもねー。空港職員に連れられてロック扉の向こうに出るとか、普段なら歩くことのない場所を探検できたし。所要時間半日の空港ツアーでしたよ。

しかし、しかし。
シーフードを食べる気マンマンだっただいずの気持ちがおさまらず。土曜の夜は、先週プリヒル姉さんのお店で買ったカニの内子を使って、さらに大きなホタテを投入したパスタを作って食べたよー!美味しかった―。
Seafood Fes 1 

これがその内子。パックにいっぱい詰まってて5ポンドって安くない?2人分使ってもまだこれだけ余ってる。
Seafood Fes 2 

あ、でもプリヒル姉さんのお店っていっても、オーナーはフランスの人で店名はLa Petite Poissonnerie、日本人スタッフは姉さんだけみたい。
Seafood Fes 4 

予約すればお刺身も買えたりするんだけれど、予約して買いに行くっていうのがなかなかできなくて。。。もうちょっと近所ならいいんだけどね。マーブルアーチ店の近くに用事があるたびにここに行って海鮮丼をイートインしてるよ。これ↓で8.50ポンドって満足度高い。フィッシュスープもお魚がゴロゴロ入ってて好きです。
Seafood Fes 3 
(魚の写真をたくさん並べてシーフード気分を満喫中) アテネで見たかった機器は、今のタイミングで見れないと意味が無いので。もうパスポート更新してもしばらくアテネに行くことはないだろうなー。

ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

英国一美しい紅葉が見たいー!&もうひとつのストーンサークル

先週の土曜日は久々にドライブに出かけてきたよ。
天気予報では晴れの予報だったからドライブ日和かなーと思って。そしてそして。イギリスにも紅葉で有名な場所があるんです。「ウェストンバート国立森林公園」に行ってみたかったのです。日本の紅葉も見られるっていうからさー。

今回もひたすら西に向かいます。車で片道2時間170kmの旅。オットよ、いつも運転ありがとう。
westonbirt map 

しかし、しかし。西に向かうにつれて空はどんどん暗くなってきて、公園に着くころには雨も降りはじめ。朝ウチを出たときよりもずっと、凍えそうに寒かったー。。。ロンドンが晴れだからといって旅先も晴れとは限らないね。あたりまえ~。

だだっ広い公園のなかにJapanese Maple Collectionっていう場所があって、紅葉がすっごくキレイなんだって!イギリスの街にも葉っぱの色が秋になると変わる木はいっぱい生えてるけど、ほとんどが黄色なの。赤じゃないのです。

ひさびさに紅葉を見たい!ってワクワクしながらその場所に向かったのですが。

なんと。

ほとんど落葉しちゃってました。残念~!
westonbirt 2 
あぁー、もうちょっと早く来れたらよかったなー。
見頃がどんなにステキかは、Google Mapにアップされてる写真をぜひ見てみてね。

でも黄色のもキレイだったし。
westonbirt 1

時期ずれてるからか、雨だからか、人少な目だったし。

だれにも踏まれることなくこんもり積もった落ち葉のじゅうたんに、小雨が落ちてカサカサって音するのを聴きながら散歩するの、すごく心地よかったから。期待してたのとは違ったけど、これはこれで良かったようなー。
westonbirt 3 

ここもやっぱりワンコだらけ。チビッコもたくさんいて。どちらも駆け回ってたよ。
westonbirt 4 

で。
そのあと南東に1時間弱向かって、この前のストーンヘンジソールズベリのときに行けなかったエイブベリー(google map)に行ったのよ。

ここにもストーンサークルがあるんだけれど。
大きなサークルの外側に深めの堀みたいなのが、ぐるっと円形になってて。
avebury 1 

その内側に街があって、道も通ってるの。
avebury 3 
サークルのなかに入れるし、そばで羊がムシャムシャムシャムシャ、ひたすら草を食べてたよ。

ストーンヘンジみたいに一カ所に集まってるわけじゃないから、全体像が分かりにくいね。
avebury 2 

大きな堀の外側はだだっ広い野原。
avebury 4 

ストーンヘンジよりも近づけるし、あんま良く知らないけどセント・マイケル・ラインっていう有名なレイライン(聖地が一直線に並んでるライン)にあって、なかなかのパワースポットだっていうし。ボンヤリとでもそういう感覚を感じられるのかなー?パワーチャージできるかなー?なんて期待してたんだけど。正直よく分からなかったなー。まあでも、こういう広いところをお散歩するってだけでも空気も美味しいし羊もかわいいし、それだけで十分なリフレッシュになるね。

そしてソールズベリで買ったチャツネが美味しかったから。今回もまた瓶詰めを買ってしまった。
Trackmentsのオニオン・マーマレードとチリ・ジャム!
tracklements 
オニオンのほうはアツアツのソーセージに乗せると美味しいらしい。チリ・ジャムは肉、魚、サンドイッチ、クリーミーなチーズにつけて食べると病みつきになっちゃうって。great taste 2016のシールが貼ってあったから、これは買ってみないとね。(イギリスの高級食品組合による品評会で受賞したものにこのシールが貼られてる。モンドセレクションみたいなもんかな???)

行く先々でこういうジャムとかチャツネとか、その地域で作られたものが売られてるっぽいので。これからは旅先で瓶詰めを買い漁ろうと思います。

結局食べものの話題で今日も締めくくり。そりゃ痩せられないはずだー。

ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。