ブログパーツ

ジントニックが美味しくてビックリした!

お酒は普段あんまり飲まないので、基本的にはまったく詳しくないんだけれど。

先日、日本のお酒を紹介する展示会に出かけたときに、京都で蒸留したジンを試飲する機会があって。お米で作ったジンで。ヒノキや柚子や玉露の香りを付けてて。すっごく香りがいいの。

それがキッカケで知ったんだけれど。最近はクラフトジン(少量生産で、素材にこだわって作ってるものが多い)が流行ってるんだね。しかも、ロンドンやスコットランドから始まったみたい。そりゃお酒にウトいだいずでも気づくはずです。


ジンってなんかクスリ臭いアルコールってぐらいのイメージしかなかったから、ひゃーこんな美味しいんだってビックリしたよ。

今週、とあるプロジェクトのキックオフで出かけたレストランtemperは、ジントニックが4種類もあって↓(メニュー見えるかな?gin & tonic)写ってるのは上から3番目のELLC Batchというやつ。レモン、タイム、フェンネル(生のハーブ)が入ってたよ。
craft gin 1

ジン自体にもボタニカルといってハーブや柑橘の皮で香りがついてるんだけれど。さらにトニックウォーターってただの炭酸水かと思ってたらそれは大きな間違いで。

トニックウォーターにもハーブや柑橘の皮で香りがつけられてて、銘柄によって香りや味が違うので。ジンにどのトニックウォーターを組み合わせるか、も重要らしい!
craft gin 2 
いちばん左のは、季の美との相性が抜群だって教えてもらったもの。中央と右はスーパーでよく売ってるやつ。トニックウォーターって本来はキニーネっていう樹皮の成分が入っているものなんだけれど、これが日本では劇薬に指定されてるそうで。今までは日本ではキニーネの入っていないものしか売られてなかったけれど、上の写真のFEVER-TREEって銘柄が最近日本にも輸入されるようになったとか。

ひえぇ、知らなかったー。美味しいしー!お酒なのになんだかヘルシー気分?
と、ジントニックを見かけるたびに飲んでいるので。最近酒量が増して、飲んだくれてますよ(1杯で十分酔える!)。

この季の美がおシゴト上で必要になって、数本買いに酒屋さんに行ったのですが。そこがまた王室御用達の老舗だったりして。

1698年創業のワイン商。日本にも支店があるようです。
craft gin 4 

お酒を飲まない、さらに庶民なだいずは、こんな機会がなければ一度も来ることがないであろう場所。すごくステキで。ああ、お酒飲めたらこういうところ楽しいんだろうなーって思った。

↓ワインやシャンパンがいっぱい並んでる。天井は樽の木材を使ってるのかな?
craft gin 5 

お店の奥にはきっとお高いコレクションが並んでいることでしょう。
craft gin 6 

↓こっちの壁には蒸留酒が並んでいて。
craft gin 7 

↓端っこにジンもいくつか置いてあったよ。
craft gin 9 

↓ウイスキーとかブランデーとか良さがまったく分かりませんが、このディスプレイ見てると、もしかしたらすっごい美味しいものなのかもしれないと。お酒の世界への興味が湧いてきちゃう。右下のはお店の名前が入ったラベルでした。
craft gin 8 

こっちはビールも美味しいし(日本のビールは苦すぎて、ぬるくなったときの匂いも苦手)、いろいろ洋酒に触れる機会も多くて。お酒楽しいかもという気持ちになってきたよ。たくさんは飲めないけど、いろいろ経験してみたいな!

スポンサーサイト
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

すっごく美味しいイギリス料理のお店もあるんだよぉ!ってようやく言えるときがきた。St.JOHN


ロンドンに引っ越してきて2年と5ヵ月にして。引っ越してきてしばらくは、イギリスならではの料理を!なんて頑張ってたんだけれどすぐに心が折れて。イギリス以外の国の料理ばかり食べてただいずですが。すっごく美味しい!また行きたい!!って思えるイギリス料理のお店に行き当たりました。ようやく。(とはいえミシュランの星を取った有名店なので。こんなに時間がかかるのは遅すぎるとも言えます。)

職場から東に向かって10分ぐらい歩くとスミス・フィールドっていう食肉市場があるのね。そのすぐ近くにあるよ。

St John 1

セント・ジョンストリートにあるから。通りの名前をそのまま店名にしたのかな。

通りに面した入り口は無いので。ぱっと見、営業してなさそうな雰囲気なんだけれど。脇の車庫↑みたいな場所から入っていくと、バーとカフェのスペースがあるの。

St John 2 

ここまで来てから、最初の写真の、建物右側のエリアに入っていくと。メインダイニングに入れますよ。もともとはベーコンの燻製工場だったらしく、不思議な構造。

店に入ったの2時半ぐらいだから空いてるね。きっとピーク時間は混んでいるに違いない。しかし、ロンドンでは良くある光景なんだけれど。水曜の昼間なのに、Yシャツ来たおじさんたちがワインボトル開けてました。。さすが。
St John 3 

こっち↓がキッチン。工場っぽさをそのまま生かした店内です。おしゃれ。
St John 4 

ロンドン・レストランガイドによると、『「鼻先からしっぽまで」をテーマに、動物のあらゆる部位を余す所なく使い、素材の良さを生かしたシンプルな英国料理に仕立 て上げる』のだそうで。

だからメニュー見ても素材名(もちろん英語)がぜんぜん分からないのねー。ネットで調べてみたくても電波が弱くて検索もできず。しょうがないから、前菜はオットリクエストでワレワレにも分かるメニュー名のもので食べてみたいもの1品、メインはお店の人にオススメを選んでもらったよ。

メインは、日替わりもあるって知ってたから。それ頼もうかと思ってたら、なんとこの日は子羊のタン(舌)と子羊の脳みその2品!子羊づくしですか!!ちょっとだいずたちには難易度高くて断念。あと、前菜に「骨髄のサラダ」を薦められたけれど、前に別のお店で骨髄食べてクドくて後悔したので、それも見送り。あとあとで調べてみたら、このサラダ、この店に来るお客さんのほぼ全員が頼むお料理らしいです。でもやっぱり、クドくて1人1皿は無理らしいから。頼まなくて正解だった。

さて、まず前菜はこれ↓Potted Pork and Piccalilli
St John 7 
Potted Porkは、調べたところ、イギリスで昔からある調理法で。調理した肉(つまり余り物かな)を、バターやスパイスと混ぜて叩いてから陶器に詰める、長期保存するための調理法みたい。あートロトロしてたのはバターだったのかなーなんて今頃気づくw

Piccalilliは野菜のカラシ漬け。Wikiによると、インドのピクルスをイギリス風に解釈したものだそうで、18世紀ごろぐらいにはもうこういう食べ方してたみたい。これも、すっごく美味しかった。味付けだけじゃなくて、インゲン豆のゆで方絶妙で歯ざわり良かった。(イギリスで出てくる野菜やパスタは茹ですぎが基本なのでね)

そして、メインにはGuinea Fowlのなんとか。薦められたものをエイヤっと頼んだので。出てくるまでこれが肉なのか、魚介なのかすら分からないっていうね。

そして出てきたのがこれ↓。 どーん!
St John 5 
鳥ちゃんですね。食べた感じ、クセが無くて、ふっくらしてて。でもチキンとはまた違うなにか。へぇぇ、うまい!ソースも肉のうまみが染み出てて。パンにしみ込ませていただきました!

さらに添えられてるズッキーニもトロットロですばらしかった。どうしたらこんなに美味しくできるのぉー!?わああああん、おしえてぇぇーーー!

Guinea Fowl、あとで調べたらホロホロ鳥でした。へぇぇ、いろんなところで聞いたことはあったけれど食べたのは初めてかもしれない。

さらにサイドのグリーンサラダはこんなボリューム。
St John 6 
このドレッシングも好きな味でした。

あああー、美味しかったなぁ。
この日は、たまたま、この店よりさらに東に10分ぐらい歩いたとこでシゴトの打ち合わせがこの後あったので。あんま満腹になるとツラかろうということで前菜1・メイン1をオットと2人でシェアしたのね。あんま時間もなかったのでデザートはお預け。で、ビール1杯ずつ飲んで(打ち合わせ前なのにw)50ポンドぐらい。価格なりの価値はありました。(とはいえ日本円に換算すると若干ヘコむ。。。ので、だいずのアルバイト5~6時間分ぐらいって考えるのが平和な捉え方。)

そして、イギリス料理のお店とはいっても。調理法は伝統的だけれども、街でよく見かけるイギリス料理とはちょっと毛色が違う、変り種ですね。何も説明がなかったら、フレンチかなーって思っちゃいそうな雰囲気。

ちょっとお高いけれど。なにかのときのご褒美にまた来たいなぁ!
次は、お出かけ前にメニューの単語を予習してから行くぞ。

ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

日本人には理解できない日本っぽい食べ物

スーパーで見かけたこんなスープ。JAPANSE KATSU CHICKEN!? 日本のチキンカツ味??
日本ぽい味1
しかもこれ、期間限定。さらにGLORIOUS!って。。。辞書を引いてみたけど、もしや「見事な」って言ってます???え?え??

パッケージも東京タワー、新幹線、五重塔?、舞妓さん????というなんだかてんこ盛りなデザイン。味の説明として、「野菜と米入り、クリーミーな、カレー味のチキンスープ」と書いてあるよ。

こちらは、日本料理やさんだけじゃなくて中華や韓国料理やさんでも、チキンカツカレーを良く見かけるの。日本のカレー自体、イギリスから日本に伝わったカレーをアレンジしたものらしいから。こっちの人には馴染みやすい味なのかもね。

しかし、、、しかし、、、それをスープにしちゃうの?たしかに「カレーは飲み物」である、それは認めてもいい。とは言うものの、、、しかもチキンカツが入ってるとは。?マークが脳内を飛び交っちゃう。これはもう実際に食べてみるしかないと、怖いもの見たさで買ってみましたよ。

中身はこんな感じ。
日本ぽい味2 
んー。
ほのかにカレーの香りがするドロドロの液体のなかに、細かく切った野菜と鶏肉と米粒が入ってる。カツの衣はどこにいっちゃったんだろう。。。よく見ると白いツブツブが入ってるんだけど、これなのかな?

これに限らず、イギリスで出てくるスープって、だいたいこんな感じと思う。単に流動食というか、食べ物が液状になっているだけで。お出汁とかウマミを感じないんだわ。ノリみたいなドロドロに味がついてるだけ、みたいな。

なので、こちらにあるスープのなかで言えば平均的なお味、という結論です。決して、日本にあるスープカレーのようなものではありません。これが日本の味と思われたらさびしいものがあるけれど。こちらにいるほとんどの人が日本には行ったことないのでね。こんなもんなんでしょう。


逆に。最近日本からのお土産でいただいたバームクーヘンがね。
日本の味 
洋酒が効いてて、ふんわりしてて、甘さがちょうどよくて。
久々に日本のお菓子を食べて、その味わいの繊細さに感激してしまいました。わー日本のお菓子ってこんなに美味しかったんだっけって。もう日本を離れて2年半になるんだもんなー。

日本の食べ物は美味しくて、こだわって作ってるのが伝わってくるし。デパ地下のお菓子も、コンビニのお菓子も、それぞれホントすばらしいよね。たまにとても恋しくなっちゃうよ。
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。