ブログパーツ

ホルマリン漬けの牛がいる店 TRAMSHED

去年のクリスマス前、23日(土)に、クリスマスだしちょっと贅沢にお食事に行こうということになり。ショーディッチにあるTramshedっていうレストランに行ってきたよ。このお店のことは前々から「ホルマリン漬けの牛がいる店」として知っていたけれど、そんなに興味のなかったお店。

そういう、ロンドンらしいというか、内装が尖ったお店として。日本から出張してきたお偉い方々をお連れするのにちょうどいいんだと思う。だいず的にはそういう内装で奇をてらうようなのってあんま興味ないし、牛のホルマリン漬けとか別に見たくないし、、、なんて思っていたのだけれど。でもまあ一度は経験しておかないとね。

tramshed 1 
入り口からもうすでに見えてますね。。
イギリスのセレブシェフ、マーク・ヒックスさんのレストランの1つだそうです。オシャレです。

いつもはもっと混んでるんだと思うんだけれど、この日はクリスマス前の土曜日で、さらに5時の予約だったこともありお店はすっごく空いてた。街を歩く人も少なかったし、クリスマス前の土曜日、みんなどこ行っちゃったのー?って感じ。
tramshed 3 
トラム(路面電車)の変電所だった建物を改装したレストラン。高い天井、そしてお店の中央を見上げると、ホルマリンの水槽に入った牛さんとその背中に乗った鶏さんが。

これ、ダミアン・ハーストっていうイギリスの現代美術家の作品なんだってー。よくよく調べてみたら、この人の作品、ほかにも見たことあったような気が。

牛のホルマリン漬けを見上げながらステーキ食べるってなんだかシュール?いたたまれない気分になりそうと思ってたけれど。意外と大丈夫だった。子供のころ理科室で見たホルマリン漬けって、おどろおどろしくて気持ち悪かったけど、それとはずいぶん印象が違った。生きてるときの姿からの劣化があまりないね。どうやってメンテナンスしてるんだろう。。。って牛を観察しながらステーキをいただきましたよ。

そのまえにヨークシャープディングをおつまみに。。
tramshed 4
ヨークシャープディングはまあ普通だけれど、ビジュアルが美しいね。あと、添えられてた鶏レバーのパテ?みたいなのがとても美味しかった! 

そして、ステーキはポーターハウス!
(サーロインを大きく切り取った、Tボーンより少し腰寄りの部位)
tramshed 5 
焼き加減、ミディアムで頼んだけど期待より少し火が通り過ぎな印象。でもおいしいよ。

お店の人がテーブルに持ってきてから切ってくれます。
tramshed 6 
2~3人で分けて食べるような大きさなのでね。2人で食べるには若干多いの。

ええ、多いの。それは間違いない。

なのに、なぜローストチキン(半身)も頼んでしまったのか、このおデブ夫婦。メインはビーフかチキンか、だけだからね。せっかくなら両方食べたかったの。
tramshed 7 
すごくシットリしてて美味しかったなぁ。。。

そして、それぞれにポテトがもれなく付いてきた!
チキンはたぶん1人前程度=上の写真に写ってる右側のポテト。ビーフに付いてきた左側のポテトはその2倍ぐらいあるでしょう、これ。。。

さすがに食べ切れなくて、残ったものは包んでもらってウチに持ち帰り、翌日おいしくいただきましたー!

イギリスで食べるイギリス的ゴハンのなかで、どこで食べてもそこそこ満足度が高いのってステーキとハンバーガーだなぁって思うのね。ここもなかなか美味しかったけれど。でもやっぱり、だいず的イチバンはMacellaio RCかなぁ。
ここはイタリアン。トスカーナ産の牛肉。

オット的にはGAUCHOがイチバンらしい。ここはだいず、行った事ないのでね。くやしい。
こっちはアルゼンチンのステーキやさん。

Macellaio RC、もう1回行きたいなぁ。GAUCHOも行っておかなければ。
あいかわらずの肉食な日々。

スポンサーサイト
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

COTEの朝メニューが充実しているの

だいず的ブレックファストブームはまだまだ続いていて。
朝早く新事業所の現場に行かなきゃならないときに最近良く行くのがCOTE。フレンチのチェーン店なのだけれど、近所にあって朝8時から開いてるのね。朝イチの用事が終わってひと段落したらここに朝ゴハン食べに来るのが、早起きへのささやかなご褒美。ロンドンだけでも30店舗近くあるんだよ。

朝7時のオックスフォード・ストリート。
regent street 1 

ランチにも来てみたけれど。ここは朝食がメニュー充実してていい感じと思う。そもそも朝食だからそんな期待してないので、そこそこ満足できるし、便利だし。レストランは12時オープンが多いんだけれど、もう少し早い時間に温かいものを食べてゆっくりしたいときにオススメです。

cote 5 


↓フレンチ・ブレックファスト(8.95ポンド)
トーストがフランス的なフワもちっとした食パンを使ってて(イギリスのみたいにボソボソしてなくて)美味しい。
cote 2

手前がベジタリアン・ブレックファスト、奥はあんま見えてないけれどフル・イングリッシュ・ブレックファスト(どちらも8.95ポンド)
cote 4 

こっち↓は、手前がクレープ・コンプレ(7.95ポンド)、奥がクロック・ムッシュ(7.25ポンド)
cote 1 

オットが食べてたクロック・ムッシュがとっても美味しかったので、別の日にだいずも食べちゃった↓奥はフレンチ・トースト(6.95ポンド)
cote 3 

あとはCOTEのエッグロワイヤルもこれから試さなければ。これ↓ね。エッグベネディクトのベーコンの代わりにスモークサーモン乗ってるやつ。この写真はPONTI’Sっていうイタリアンの朝メニューなんだけれど。まあどこもこんな感じ。奥に写ってるのはパニーニ。
ponti 1 

近所にあるパンのチェーン店、GAIL’Sのイートインもなかなか良かった。卵とスモークサーモンの組み合わせ。さすがパンやさん、パンも美味しかったし!
gails 1 

このアボガドマッシュをトーストに乗っけてるのもよく見かけます。朝食メニューの定番。
breakfast 4 

こーゆうカフェメニューって、日本だとあんま見かけないような。いや、あったのかもしれないけれど興味が無くて気づけなかっただけかな?サンドイッチよりは手が込んでいて。作り立てで。(焼いただけ、だったりするけれど)なかなか良いよ。こちらはカフェ文化が充実してるなーって思う。

ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

私的ブレックファストブーム到来

イングリッシュ・ブレックファストを食べる頻度が最近上がっているの。
最初は、なにがいいのかまったく分からなかった。

今でもそんな美味しいものとは思わないけれど。

イングリッシュ・ブレックファストというと、肉体労働者が食べるってイメージがあるようで。
↓たしかに街ナカでそういう光景をよく目にはする。
breakfast 8 
↑両側とも、ブレックファストを出すお店。蛍光イエローのベストを着ているヒトとかが何かの作業員さんなんだと思う。

でも、オシャレなカフェやパン屋さんのイートインでも出してるからね。だいたい午後3時ぐらいまで。そういうところでラテすすりながらブレックファストを食べるのが最近のお気に入り。キアイ入れて出かけるんではなく、近所で済ませるのが基本です。

なんだか、朝食と思うとあんま期待せず食べれるし。軽食だし。あとくされないのがいい。日本でいうならば、子供のころたまに連れて行ってもらったモーニング(喫茶店でコーヒー頼むとトーストやサラダやゆで卵が付いてくるやつ)みたいなノリかもしれない。ここはイギリスですから、モーニングよりはずいぶんお高く付きますが。モーニング文化はすばらしいってことですね。

これ↓はハムステッドヒースにあるSilverBerry Deli & Kitchenで食べたもの。奥がトラディショナル・イングリッシュ、手前がベジタリアンブレックファスト。どちらも9.5ポンド也。
breakfast 1 

こっち↓はOliver's Village Cafeの。左がべジー・ブレックファスト(8ポンド)、右がOliver'sブレックファスト(8.5ポンド)
breakfast 2 

まあ、どこで食べてもだいたいこんな感じなんだけれど。Oliver's Village Cafeのはちょっとしたところで細かいシゴトしてて、なかなか良かった。

豆もハーブド・ビーンズってメニューに書かれてて。缶詰でなく、ちゃんとお店で煮てそうな雰囲気。
breakfast 3 

取り立てて何が美味しいってわけでもないんだけれど、ハズレがないのがすばらしい。どこで食べてもだいたい同じ。

だって、どれも焼くだけだもの。こっちの人たち、野菜やパスタを茹でさせたら、クタクタに茹ですぎちゃうし。味付けも微妙だし。そういう難しいことがまったく必要とされないお料理だからね。

基本的に、外食に出かけるならば、自分では作れないものをなるべく食べるようにしたいと考えるヒトなんですが。単品は作れても、これいっぺんに作るのって難しいじゃない?そんな大きなフライパン無いし!

だから、外食するだけのアリガタミはあるんです。ええ。

さらに、ベイクド・ビーンズ(インゲン豆をケチャップ味で煮たもの)のぬめっとした食感にハマりだしたら止まらなくなり。

今年の夏は、ウチでもこんな↓ブレックファスト的なゴハンを夕飯にしてたよ。しかもほぼ毎日!(さすがにオットはこんなブームには付き合ってくれませんので、、、だいずのみですよ)
breakfast 7 
我が家はトーストもフライパンで焼いているから。トースト、目玉焼き、トマトだけですら、1度に焼くのは結構タイヘンで。カフェで食べるのがラクでいいやーって思った。

ベイクドビーンズはスーパーでオーガニックのなんかも売ってるんだけれど。オーガニックのものでも1ポンドしないんです。60pぐらいだったかな。安いし、なんとなく豆食べると体に良さそうな感じがして罪悪感が少ないのもいい。
breakfast 6 

日本にいたころは、軽食ほどどうでもいいゴハンはないと思っていて。軽食で済ますなんて1回の食事を損したような気持ちがしていたけれど。今はそんな考えからは卒業できたようです、私。

ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。