ブログパーツ

私的ブレックファストブーム到来

イングリッシュ・ブレックファストを食べる頻度が最近上がっているの。
最初は、なにがいいのかまったく分からなかった。

今でもそんな美味しいものとは思わないけれど。

イングリッシュ・ブレックファストというと、肉体労働者が食べるってイメージがあるようで。
↓たしかに街ナカでそういう光景をよく目にはする。
breakfast 8 
↑両側とも、ブレックファストを出すお店。蛍光イエローのベストを着ているヒトとかが何かの作業員さんなんだと思う。

でも、オシャレなカフェやパン屋さんのイートインでも出してるからね。だいたい午後3時ぐらいまで。そういうところでラテすすりながらブレックファストを食べるのが最近のお気に入り。キアイ入れて出かけるんではなく、近所で済ませるのが基本です。

なんだか、朝食と思うとあんま期待せず食べれるし。軽食だし。あとくされないのがいい。日本でいうならば、子供のころたまに連れて行ってもらったモーニング(喫茶店でコーヒー頼むとトーストやサラダやゆで卵が付いてくるやつ)みたいなノリかもしれない。ここはイギリスですから、モーニングよりはずいぶんお高く付きますが。モーニング文化はすばらしいってことですね。

これ↓はハムステッドヒースにあるSilverBerry Deli & Kitchenで食べたもの。奥がトラディショナル・イングリッシュ、手前がベジタリアンブレックファスト。どちらも9.5ポンド也。
breakfast 1 

こっち↓はOliver's Village Cafeの。左がべジー・ブレックファスト(8ポンド)、右がOliver'sブレックファスト(8.5ポンド)
breakfast 2 

まあ、どこで食べてもだいたいこんな感じなんだけれど。Oliver's Village Cafeのはちょっとしたところで細かいシゴトしてて、なかなか良かった。

豆もハーブド・ビーンズってメニューに書かれてて。缶詰でなく、ちゃんとお店で煮てそうな雰囲気。
breakfast 3 

取り立てて何が美味しいってわけでもないんだけれど、ハズレがないのがすばらしい。どこで食べてもだいたい同じ。

だって、どれも焼くだけだもの。こっちの人たち、野菜やパスタを茹でさせたら、クタクタに茹ですぎちゃうし。味付けも微妙だし。そういう難しいことがまったく必要とされないお料理だからね。

基本的に、外食に出かけるならば、自分では作れないものをなるべく食べるようにしたいと考えるヒトなんですが。単品は作れても、これいっぺんに作るのって難しいじゃない?そんな大きなフライパン無いし!

だから、外食するだけのアリガタミはあるんです。ええ。

さらに、ベイクド・ビーンズ(インゲン豆をケチャップ味で煮たもの)のぬめっとした食感にハマりだしたら止まらなくなり。

今年の夏は、ウチでもこんな↓ブレックファスト的なゴハンを夕飯にしてたよ。しかもほぼ毎日!(さすがにオットはこんなブームには付き合ってくれませんので、、、だいずのみですよ)
breakfast 7 
我が家はトーストもフライパンで焼いているから。トースト、目玉焼き、トマトだけですら、1度に焼くのは結構タイヘンで。カフェで食べるのがラクでいいやーって思った。

ベイクドビーンズはスーパーでオーガニックのなんかも売ってるんだけれど。オーガニックのものでも1ポンドしないんです。60pぐらいだったかな。安いし、なんとなく豆食べると体に良さそうな感じがして罪悪感が少ないのもいい。
breakfast 6 

日本にいたころは、軽食ほどどうでもいいゴハンはないと思っていて。軽食で済ますなんて1回の食事を損したような気持ちがしていたけれど。今はそんな考えからは卒業できたようです、私。

スポンサーサイト
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

行列キングか!いつなら待たずに入れるのかな ロティ・キング

ここもインスタグラムで見かけてすっごく気になっていたお店。
ユーストン駅から歩いてすぐのとこ。シゴト帰り、けっこう遅い時間に寄れば待たずに入れるかなーって期待して平日夜9時ごろ何度か出かけてみたけど長い行列できてて。時間も時間だから並んでまで食べる気になれず。土曜の夕方5時も試してみたけどダメ。一度だけ、土曜の3時過ぎに行ったら待たずに入れたよ。

roti king 1
外観はちょっとアヤシげなんだけれど。。。いつもこの地下に向かう階段にずらーっと長い行列ができているの。

お店の中は結構狭くてギューギュー詰め。
(お店のイチバン奥、窓際の席から撮ってます)
roti king 2 

ロティっていうのはパンの名前で。インド料理でもロティってあるよね。パンのことを指す言葉なんだけど、アジアのはクレープに近いらしい。マレーシアで食べられてるのはロティ・チャナイって呼ばれてて、マレーシアの代表的なゴハンなんだって。もともとはインド系ムスリムの人たちのお料理で。マレーシアはイスラム教が国教の国だから。ロティ・チャナイが国民的な食べ物っていうのも、なるほど納得。

で、これがロティ・チャナイ↓
クレープみたいな、外カリカリ、中もっちりのアツアツ焼きたてに豆カレーが付いて4ポンド。カレーに浸して食べるの。カレーはほかにチキンや魚も選べます。
roti king 3 
↑なぜか食器が和柄。

この焼き目↓がたまりません!もちもち感も伝わるかしら。
roti king 4 

これ、甘いのもあるんだけど、そっちはどうだろかーと。バナナジャムみたいなのを塗ったのも試してみたよ。これもなかなか良かったです。3ポンド。
roti king 6

もちろんこれだけじゃ足りないので。ラクサ(手前、7ポンド)とナシゴレン(奥、6.5ポンド)も甘いロティの前にペロリ。
roti king 5 
このラクサ、スープがめちゃウマでした。コクがあって、具沢山で。。。(じゅるり

お値段お手軽で、でも美味しい。行列できてることが多くて、行きたいときに入れないのが残念ではあるけれど。また行きたい。次はいつ入れるかな。
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

BANGBANGオリエンタル 見学してきたよ

最近は平日スーパーで食料補充できていないので。先週土曜は朝からウチには食べるものがフルーツしかなく。(痩せたいって散々言ってるんだからフルーツ食べとけって話ですが)

じゃあ1つ隣の駅近くにあるピザやさんに、試しに行ってみよかーってウチを出たんだけれど。向かう途中で、あ、そういえばBang Bang オリエンタル、見に行っとくべきでは?と目的地変更。電車に乗って出かけてきたよ。

bang bang 1
最寄駅Colindaleから歩いて10分ぐらいかなぁ。

日本なら大きなスーパーで見かけるようなフードコート。ここは隣にMorrisonsってスーパーがあったり、中国系のLoon Fungってスーパーがあったりするんだけれど。スーパーの中にあるわけじゃない。
bang bang 2 
中華、韓国、日本、ベトナム、タイと。アジア各国の料理やさんが入ってるんだけれど。日本っていっても基本はそのへんでよく見かける中国系な雰囲気なので。あんまそそられる感じじゃありません。

土曜日だしそこそこ混んでたけれど、席が見つからないほどではない。
bang bang 3 

ひととおりお店をチェックしたうえで選んだのはチャーシュー乗せたゴハンと
bang bang 4 

水餃子!
bang bang 5 

チャーシューご飯が10ポンドぐらい、野菜もそこで買って5ポンドぐらい。水餃子は別のお店で12ポンド。フードコートとはいえそんな安いわけではない。セルフだから。サービスチャージ(12%ぐらい)が無い分だけお安いってぐらい。

味はまあまあ、悪くない。チャーシューは鴨、鶏、豚の3種盛りなんだけれど。豚が皮がカリカリしてて美味しかった!あと、野菜(カイランかな?)もフレッシュで美味しくて。頼んで正解でした。

この隣に中国系のスーパーがあって。
bang bang 6 
ここ来ること分かってたら保冷バッグ持ってきたんだどな。

肉コーナーには普通のスーパーでは並んでいないような、内臓系がどっさり。
bang bang 8 

意外と楽しかったけれど。わざわざ出かける感じじゃないかも。こういうの、近所にあったら行くんだけどな。

ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。