ブログパーツ

デブの素:最近はトリュフオイル

デブの素シリーズ第2弾。
第1弾はこちら→ デブの素:最近はスコーン

最近どハマりして繰り返し食べてたのは、ペペロンチーノパスタに白トリュフオイルをかけたもの。唐辛子、ニンニク、オリーブオイルに、パスタ、さらに白トリュフオイル。つまり、ほとんど炭水化物とアブラだけでできた正真正銘のデブの素。

東京にいたころはトリュフオイルなんて見かけたことほとんど無かったような気がするんだけれど。(今ネットで探したらちゃんと売ってた!でも高いね)こちらでは見かける機会が多いのね。

しかも、そんなメチャ高いわけでもない。さすが、産地が近いだけある。日本ではお高いヨーロッパ産のものがこちらでは少しお手軽価格で買えちゃう。逆に遠い日本の食べ物はこっちではバカ高くてなかなか買えない。輸送費が乗っかるんだから当然といえば当然のこと。

↓左がマーケットで買ったもの、真ん中がSelfridge(デパート)で買ったイタリアのメーカーのもの、右がJohn Lewis(デパート)の中にあるWaitrose(スーパー)で買ったフランスのメーカーの。どれも7~10ポンドぐらいなんだよ。
Debu2 1
右のメーカーの出してるフルーツビネガーは東京でなんどか買ったことあって。ピューレっぽいドロっとした酢でかなり愛用してました。

まあ食べた回数も相当少なかったせいもあるけれど。今までトリュフのどこがいいのか全くピンとこなかっただいずですが。ペペロンチーノにこのオイルかけて食べると、香りがものすごく良くなって相当ウマいよ。ビックリしたよ。


あとはWaitroseに寿司コーナーができて。1パック10ポンドぐらいするからitsuWasabiよりも高いお値段設定ななか(実際こっちのがウマいから仕方ない)、なぜかこの↓酢飯をサーモンで軍艦巻きみたいにしてイクラ乗せてるやつだけ価格設定がなんだかおかしくて。
Debu2 4 
これで4.5ポンドなのよ。サーモンの鮮度が良くて、イクラも生臭くなくて。悪くない。スーパー内で買ったものを食べれるカウンターがあるから、出勤途中に寄り道してこれを食べるのが最近の出社の楽しみ。

あとM&S(これもスーパー)で売ってるこのチョコ↓
Debu2 2 

造りと味はイタリアのチョコRocherそのもの。1個ずつ銀紙で包んでいない簡易パッケージで
Debu2 3 

たしか20個入りで2.5ポンドなんだよ。もうRocherじゃなくてこれでいいじゃん安いしーといい気になって1度に2個も3個も食べてしまうキケンな食べ物。

ほんと、WaitroseやM&Sの出してるプライベートブランド(イオンでいうトップバリュ)は完成度が高くてスバラシイよ。ほとんど自分たちの開発した商品を並べてて、ナショナルブランドよりもずいぶん安い価格設定なのだもの。ヘタに外食するよりも、スーパーで惣菜買ったほうがハズレない。

パッケージも美しくて、そそられるし。
Debu2 5 
↑Waitroseのピザは一時期ハマりました。でもこれもデブの素すぎて、ひととおり試したあとは自粛してますw

ほんとヤバい。
Debu2 6 
タルト類も甘すぎなくて間違いない美味しさ。しかもホールで3~4ポンドとか、手軽すぎるでしょう。もうヤメてぇー!

美味しいと思うと他の種類も美味しいのかを、ひととおり食べてみたくなっちゃうし。マズイと言われてるものも、どんだけマズイのか一度は試してみたくなる。誘惑だらけ。

今でも覚えているのは保育園児の頃。白いご飯にエルビー(ヤクルトみたいなやつ)をかけて食べてみたいと言い出しただいず。白いご飯が好き、エルビーも好き、両方いっぺんに食べたら相当美味しいんでないの?って思ったような。母親に何度も、美味しくないよ、食べれないよ、やめな、って止められても聞かず。かけました。まずくて全部平らげられませんでした。ああ、ごめんなさい、たしかに食べ切れませんと反省しました。なつかしい。

さすがにいい大人になった今はこんな無謀で浅はかな試みはしませんけど。でも小さい時からそんな子だったんだから。今更どうにもならないようなー。

ですから、痩せるのは相当難しそうだとつくづく思う今日この頃です。でもまだあきらめてない。

スポンサーサイト
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

ホメオパシーで鼻炎が治るといいな

高校生のころから養命酒を飲んでただいずでして。基本的に不調なときは漢方とかハーブとかに助けを求めることが多くて。なるべく薬は飲まようにしているの。

最近どんどん鼻炎がひどくなってきて。たぶん、花粉にもホコリにも反応し1年中クシャミ・鼻水・鼻づまりに悩まされている今日この頃。鼻炎薬は飲みたくないけど、このままだと数十年先にいつか鼻と喉が自分の分泌物で気道がふさがって窒息死するんじゃないか、なんて老後を想像して本気で震えておりました。

鼻炎っていますぐに生死にかかわることじゃないから。なるべく薬は飲みたくないけれど、ずーっと鼻を詰まらせて生きていくのかと想像しただけでなんだか息苦しい。

いままで健康にいいと言われるモノをいろいろ試してきたんだけれど。

代替療法っていうのも好きで。日本ではちょっとスピリチュアル的なものとして扱われている感じのあるフラワーレメディやホメオパシーは、イギリスでは結構一般的に利用されているらしいと聞いていたので。イギリスに来るって決まった時から、本場イギリスで体験してみようとは思ってたの。

くわしくはこちらをどうぞ↓

まあ、単なるプラシーボ効果なんじゃないか(効くに違いないっていう思い込みで治っちゃう)って言われているけれど。でも、慢性的な症状が思い込みで治っちゃうなら、それはそれでいいんじゃないかとだいずは思うんです。悩み事が多いと頭痛がしたり、心配事が多いとオナカを壊したり。「断腸の思い」とかさ。心とカラダってつながってるでしょう?

ということで、春の花粉の季節に向けて体質改善できないかなーと、去年の秋ぐらいからホメオパシー薬局でセッションを受け始めたよ。

なんとなーく検索で出てきた薬局、NELSONS HOMEOPATHIC PHARMACYへ。
Homeopathy 1 
プラクティショナー(またはホメオパス、お医者さん的な人)も、初めて予約なしで行ったときに話しかけてくれた人にお願いしたよ。(つまり無計画w)予約が無いとセッションは受けられないみたいです。

薬局の中にはホメオパシーの創始者ハーネマン(ドイツ人)の銅像あり。
Homeopathy 3 

診察室みたいな小部屋でだいたい30~40分ぐらいかけて、自分の性格とか体調とか困っていることとか治したいことを聞いてもらい。じゃあこれを試してみては?って勧められたものを飲んで。3カ月後ぐらいに次の診察で何か変化を感じたか説明する。っていう繰り返し。

処方されたのは、HYDRASTISとPULSATILLAっていう種類で。特定の症状に効くと言われる成分を水ですっごく希釈したものをこんな風に↓砂糖玉に染み込ませたものを1日一粒舐めるだけなの。
Homeopathy 6 

最初は小さい瓶でものすごーく薄めたものから始めたのね。小さい瓶、30Cって書いてあるのは100倍に希釈する作業を30回繰り返したものなんだって。そんなに薄めちゃったらもう、もともとの成分は1粒のなかにヒトカケラも残っていないような。そんな水を染み込ませた砂糖玉。
Homeopathy 4 

でも、とくにHYDRASTISは最初に飲んだときに鼻がスッキリしたような感覚があって。(それは直接的には伝えてないけれど)だいずの話を聞いていてプラクティショナーさんも効いていると思ったんだろうね、最近は結構濃いめのやつ(茶色い瓶に入ったやつ)を出してくれていて。これ5滴飲むとしばらくはクシャミも鼻水も止まって、非常に快適です。

イチバン右の緑の容器は携帯用の入れ物に花粉症に効くやつ(砂糖玉の大きさは30Cと同じ)が入ってるんだけど。これも飲むとしばらく(1~2時間)は調子いい。

あとね、ときどき無性にいろんなことが心配になったり不安になったりするって言ったら、それも処方してくれました。効き目はまだよく分からないけどねー。

とにかく不思議。
ちなみにHYDRASTISは。キンポウゲ科の植物「ヒドラスティス」を希釈振とうしたもので、肝機能障害や便秘、消化器系の問題と、蓄膿症、あとガンにも効くのだそうです。もともとはアメリカン・インディアンが薬として飲んでいたみたいです。(アメリカン・インディアンはタマシイが抜けかけたときに身体にタマシイが戻るように使用した、なんて説明も見かけました。。。抜けかけてるのかな、だいずも。)

そしてペットにも処方してくれるそうです。



それ以外にもハーブ系のものとかを症状に合わせて紹介してくれるんだけれど。この鼻スプレー(黄色い箱)↓も相当いい。
Homeopathy 5 
ホントに薬ぜんぜん使ってないんだろうかと疑ってしまうぐらい、使うとスッキリするよ。
Euphorbiumはトウダイグサ属の植物でしょうか??


AVEDAみたいなハーブ製品?もいろいろ置いてるので。それ見てるだけでも楽しい。
Homeopathy 7 
右のバーム(軟膏?)↑は鼻の周りに塗ると花粉が鼻に入らないんだと勧められ。なぜ周りに塗っただけでバリアになるのかその仕組みがまったく腑に落ちないけれど、とってもいい香りなので愛用中。非加熱、オーガニック、100%天然原料っぽいことがラベルに書かれてる。左の香水もすっごい好き。バームが10ポンドぐらい、香水は25ポンドぐらいってのも、この中身なら安いと思う。さらにこの薬局でセッションを受けている人はなんでも10%OFFなのですグヘヘ。

日本では1回だけ、ホメオパシーのセッションを受けたことがあるんだけれど。事前に心や体の悩みをメールで送って、さらに1時間ぐらいカウンセリングを受けて。で、症状に合わせた処方で砂糖玉を1つだけもらったの。それを飲んだからスッキリしたのか、それともカウンセリングが効いているのか。まあ両方かな。

それと比べると、今受けてるのはカウンセリング的な要素は少なくて。淡々と症状を伝えて、いろいろ試して、効いたものを飲み続ける感じです。効果は実感してるので、これで体質が変わってくといいんだけどな。
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

春ってだけで気分がウキウキします

今日は最高気温20℃、明日は22℃。しかし最低気温8℃。。。朝夕の温度差が激しすぎる春がまたやってきたよ。

日差しが冬とは全然違うんだよね。

街路樹も若葉がもっさり生えてきて。若葉の緑とレンガ、そこを走る真っ赤なバスってすごくステキな組み合わせだなぁなんて。街を歩くだけですべてがまぶしくて、気分がウキウキする。お天気ってこんなに気分に影響するんだね。
spring2017 1

会社の近くを歩いてても、ふと脇道に入って寄り道したくなるような。春はどうにも浮かれ気分です。

なんて話をしたら、「いよいよこちらの人になってきましたね」なんて言われてしまった。ロンドンに来て3回目の春だからね。

大通りに面してる建物も、中庭があったりして。もう2年もこのあたりで働いてるのに、今週初めてこんな場所を発見↓小さなお庭とベンチがあって。大通りに面した建物なのに、中庭はとっても静かなの。
spring2017 2 

こっちの人は冬の寒い日もパブの外でビールを飲んでたりするんだけれど。春になると、そういう外飲み人口が急増するのも面白い。

リージェント運河沿いのパブ↓
spring2017 3 
パブのテラス席が人だらけ。

公園だって人だらけ。

さくらも、早朝からお庭オネダリしてくるから、だいずは寝不足気味です。
花壇のなかにスッポリ入って日光浴↓
spring2017 4 
お日様に当たりすぎて、耳たぶが赤くなっちゃうぐらいアツアツになっちゃってたよ。

こんな感じで、街中も、だいずも、さくらも、春満喫中なのです。
実は土曜日の今日もオシゴトで打ち合わせにでかけてたりして。たぶんこれから秋ぐらいまではすごく忙しい日々になりそうなんだけれど。なるべく時間を見つけて出かけたいなぁ。


ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。