ブログパーツ

リスがお庭に来るよ

庭といっても、ただコンクリートのタイルが敷いてあるだけの。雑草がボーボー生えてるだけのスペースだけれど。よくリスが入ってくるのね。最初は驚いたけれど、もう慣れちゃったかなーなんて思ってたら。つい最近、こんなに↓近くまで寄ってきたの。ここまで近づいてきたのは初めてでビックリ。
visitor 3
窓のすぐ向こう側!
ウチの中からでは塀の上を走るリスにはまったく気づかないさくらさんも、さすがに今回ばかりはリスの存在に気づいて、ウゥゥーーーって唸りましたよ。このリス、すぐ近くにヒトがいるのにぜんぜん怖がらないのね。

きっとこの子、このあたりのお宅をこうやって訪問しては食べ物をもらっているんじゃないかなと思って。グラハムクラッカーをあげようと窓を開けたとたんに、塀の上まで逃げてしまったので。自転車のサドルの上に置いてみたの。

そのときは食べずにどこかに行ってしまったけれど、3日ぐらいしたら無くなってた。それからも、自転車のサドルの上にクラッカーを置くようにしてるんだけど、だいたい3日ぐらいで無くなる。持っていくのはリスなのか?それとも鳥ちゃんなのか??

最近はさくらさん、ほぼ毎日お庭パトロールしてるので。

塀の上を走るリスに挨拶したり(唸ってるだけ)
visitor 2 


鳥ちゃんに挨拶したり(ニャニャニャって話しかけてるの)
visitor 4 
塀の右端、格子の上に黒い鳥がいるの、わかるかな?↑

さくらは一生懸命話しかけてるのに
visitor 5 

さくらさんが塀の上までは来れないって分かってるのかな?鳥ちゃんはなんだか塀の上でリラックスしてる様子。
visitor 6 

この鳥だけじゃなくて。もっと小さいのとか、いろんな子が遊びに来るの。なんとなく、鳥ちゃんたちはさくらの様子を見に来てるような気がするんだよね。塀の上に止まって、さくらのことを見てる。

さくらさんは、鳥ちゃんたちと挨拶したくて、毎日お庭に出てるんだろうか。
↓まじめな顔して、鳥ちゃんを待ってるの???
visitor 7 
鳥ちゃんたちがお友達になってくれたら嬉しいね。
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

公園は水着だらけ。今年の夏は暑くなりそう

去年と一昨年は、5月にいったん2~3日暑い日があったあとは、しばらく涼しい日が続いて。ロンドンではだいたい毎年そんな感じなんだって聞いたことあるんだけど。

今年は5月のあと、暑さが戻るのが早かった気がする。この夏は暑くなりそうだなぁ。

昨日なんて最高気温29℃。
日向は暑いけど、木陰や建物の中に入ると空気がヒンヤリしていて快適。ただ、バスや地下鉄はエアコンないので。ちょっとしたサウナみたいに暑さがこもってツライ。

リージェンツ・パークに出かけてみたら。公園なのに、ビーチみたいな光景が広がっていたよ。
062017 regents park 9
水着で寝そべる人たちの向うに見える運河には足こぎ式のボートがいっぱい浮かんでる。

バラは見頃をすこし過ぎちゃってたかなぁ。
062017 regents park 7 

去年は7月に見にきて満開だったけど、今年ははやく終わってしまいそうね。やっぱ暑いからかな。
062017 regents park 4 

ここでも、水着で寝そべる人。。
062017 regents park 5 

今まで来た中では今日がイチバン混んでたかもしれない。
062017 regents park 8 
バラとバラの間は人だらけ。

だいずたちは木陰にレジャーシート敷いてランチ!ケバブのテイクアウトだけどね。

木陰は風が気持ち良くて。
062017 regents park 1 

緑が色鮮やかで。
062017 regents park 2 
そんななかでボケーっとゴハン食べたり寝ころんだり。

062017 regents park 3 
寝ころんで空を見上げてると、なんだかすごく気分が落ち着いた。
穏やかな土曜日。
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

自由な街、ロンドン(交通篇)

電車でお化粧するのはエチケット違反だとか、そうじゃないとか日本で論争になったりしてたみたいだけれど。(話題としてはもう古いかな??)

ロンドンはそういうことははるかに超越してます。最初は、わーみんな自由すぎるでしょ!てビックリしてたけれど。今はもう慣れちゃって。なんとも思わなくなってしまったかも。エチケットって、なんだ?

大きな化粧ポーチから次々といろんな大きさの刷毛を出して顔にパウダーを塗ってた男の人だって、周りからは注目は集めてなかったよ。


地下鉄のほうが、バスよりは皆さんじっとしてて、大きな音を立てたりする人もほとんどいない印象だけれど。たまーにパフォーマーさんが乗ってきて。チラっと演奏したあとでチップをもらいにざっと歩いて、次の駅に着いたら隣りの車両に移ってまた演奏。これ初めて見たときは相当驚いた。



地下鉄は駅の構内で演奏してる人も結構いるけれど。車両に乗り込んでくるってアイデアに脱帽。


バスのほうが自由度ハイパー。
4~5人で結構なボリュームで歌ってたり。マック食べるのなんて普通。箱入りの1枚ごとのピザを食べてる人も見たことある。

このとき↓は画面右側に座ってるデップリした男の人が、肩にラジカセ乗せて音楽に合わせて体をゆらせながら入ってきて。すぐに座るんじゃなくって、他の乗客の前で立ち止まっていっしょにノリノリになるのを誘いかけるように顔を覗き込んだりしてた。何故まわりにまで参加を求める???



そうとう耐性ついたつもりでいたけれど、このときはサスガに「こっち来ないでー」って思ったわ。

バスは携帯でずーっと電話してる人もたくさんいるので。電話の人と音楽の人が鉢合わせして、電話の人が「ちょっと、うるさいわよ」って音楽の人を注意して止めさせてるの見たことある。でも電話の人だって十分うるさいのにね。

バスも地下鉄も、ほんとにいろんな人が乗っているので、人間観察が楽しい。

地下鉄でみかけたこの人。勝手に写真撮っちゃだめだよなーって思いながらも、とはいえ話しかけるのも勇気が無くて。コッソリ撮らせてもらっちゃった。キレイに整った、美しいモヒカン。いまのところだいずの見たなかで最高レベルのモヒカン。
モヒカン 

あとこれ↓はバスでも電車でもないけれど。
馬車1 

観光客向けには見えないし。なにかの宣伝をしているわけでもなさそうだし。
自家用車なのかしら???
馬車2 
しかしなぜ、男の子たちはハダカなのか。。。

これ、東京で言えば原宿的な所だと言われるような。けっこうな街中なので。彼らはナニモノなのか気になって気になって。。。あとを追いかけて行き先を見届けたかった!

とにかく、こんな中で生活していると、人目を気にする必要なんてないんだよなって思えてきて。とても解放された自由な気持ちになってくる。

このままではもう、日本では暮らせないカラダ(ココロ?)になってしまいそう。まあ、もともと周りに合わせることが上手くできなくて、ハミ出がちなだいずではありましたけれども。

自由すぎてキケン。
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。