ブログパーツ

リスが隠しているものは。

あっという間に10月も中旬だねぇ。新事業所、今年の夏にオープンするつもりがもう秋になってしまった。秋のうちにオープンできるだろうか。。。

ちょっと予定に空きができた日があって。前日に連絡したら予約取れたので、整体に出かけてきたよ。ちょっぴりリフレッシュ!

もう通いだして1年半ぐらいたつのね。始めて受けたときは(こんな弱い押し方じゃエレベーターも呼べないぞ)と内心思ってたんだけれど。けっこうジワジワと効いていて、一時期とっても辛かった腰の痛みは消え。こんなに休み無く働いても痛みがでなくなりました。すごい。

しかし今回は地下鉄の乗り継ぎがうまくいかず。さらにノンビリ運転で15分も遅刻してしまい。もともと30分の予約で、次の予約も入っちゃってたので。10分ぐらいしか受けられなかったよ。。。何をやってもうまく行かない、トホホ気分のだいずです。

整体からの帰り道、近くの公園でリスが忙しそうにしてました。秋だからかな。
クラッカーの家7 
こうやって、地面に顔を半分突っ込んでるとこ、よく見かけるんだけれど。何してるのかなーって近づいてみたら。

手でパシパシたたいてなにかを地面に押し込んで、さらにその上から落ち葉かぶせてたの。むっちゃかわいかったー。

リスがその場からいなくなってから、どれどれ、何を埋めてたの?って落ち葉をどかしてみたら。

ドングリ!鉄板すぎるけど、わー!ドングリだ!!ってなったよ。
クラッカーの家1
↑ドングリの帽子が見えてるでしょ?わかるかな。

落ち葉の下を覗き込んでたら、リスが血相変えて戻ってきたのもかわいかったなぁ。「あたしのドングリに何すんのよ?」って感じだった。

我が家にクラッカーをもらいにくるリスたちも、おねだりする姿がさくらさんとほとんど変わらないことに気づいてしまってからは、なんというかご近所さんというかお友達というか。近しい間柄になったような気になってしまうから不思議。
クラッカーの家5 
↑このオナカのモフ毛といい。立ち上がってこちらを見上げる姿といい。クラッカーを見せると腕を胸の前でギュっとするのも相当な萌えどころ。

ほら。だいたいおなじでしょ?↓
クラッカーの家8 

↓似たもの同士が見つめあう。。。w
クラッカーの家6 

塀の上からじっと見つめてくる姿もかわいい↓
クラッカーの家4 

この子たち、前はその場でクラッカー平らげてたのに。最近はすぐにどこかに持って行っちゃうんだよね。もしかして、公園で見たリスみたいにどこかに隠してるのかな。

もしや地面に埋めてたりしないよね?土に埋めたら土に還ってしまいそうだもの。
巣の中に押し込んであったりするんだろうか。

地面にクラッカー押し込んでる様子とか、巣の中が壁一面クラッカーになってる様子を勝手に妄想してホッコリしてしまった。リスかわいい。
スポンサーサイト
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

リフォームが楽しそうよ、イギリスで家を持てたら

新事業所の工事がなかなかうまくいかなくて。というか、古いビルなので工事が進むごとにいろんな問題が噴出し。でも、設計士さんがいろいろ奔走して問題解決してくれているので。遅れは出ているけれど、きっとそのうちピカピカの新事業所をオープンできることでしょう!・・・と祈る日々。

イギリスは地震がないからねー。
100年以上前に建てられたビルだって、内装は近代的にリフォームして、外装もメンテナンスをしながら現役で使われていますよ。とはいえ総入れ替えはなかなか大変だからかな、建物のなかを走るパイプは古かったりして、水漏れもよくある話。設備もポンコツ、光ファイバーを通すにも一苦労で。ほんとにやれやれと思う。

でも、それは、地震がないから、っていう大前提があるのであって。いつか大地震が来るぞ、って不安を胸に生きることもないんだもの。そう思えば、このぐらいの苦労はたいしたことではないね。

さらに驚いちゃうのは。雨どい(っていうのかしら?雨水を流すパイプ)がビルの中に設置されてるの。今の事業所も、新しい事業所も。そういえば街を歩いてても、外側にパイプがくっついてるビルって見たことない。これも街の景観のためなのかな。

これ↓が、今の事業所内にある雨水を流すパイプ。
interior 7

なんと、今月はここから水が溢れ出し、事務所のなかが水浸しになりましたよ!びっくり!
上の写真にも左下に濁った水の入ったバケツが写ってるでしょう。こんな水が一気にザーッと流れ出ししてきて。10分ぐらいしたら止まったけれど。事務所の床に置かれてたものはみんなビショビショ。。。

そのとき事務所にいたメンバーでギャーギャー言いながら水をバケツに汲んだり、排水溝にモップで流したり。みんなでモップで拭いてるとこを記念に写真にもおさめ(しかも、みんな今まで見たなかで最高の笑顔)。驚いたけど意外と楽しかったなー。

新事業所の工事を進めてて、やっぱりインテリアを決めてるときが一番楽しかったよなーって思う。設計士さんがタイルとか電気とかのショールームにつれてってくれて。実物を見ながら組み合わせを考えたりしたの。

どのお店も、業者だけを相手にしてるわけではなさそうなので。DIYの腕さえあれば自分でこういうところでパーツを探してリフォームできちゃいそうなの。もしくは、自分で材料買って、あとは大工さんを手配する感じなのかな。こちらでは新築よりも古い建物のほうが価値が高くて。中古を買ってリフォームして住んだり、ヒトに貸したり。テレビでもそういうリフォームの腕を競う番組やってたりするんだよ。ぼろ家をオシャレに作り替えるって、相当楽しそうじゃない?

ここ↓は郊外にあるお店で、扱ってる商材の幅が広いので。ざーっと全体像を決めていくのに使いやすいんだって設計士さんが言ってた。
interior 3 

床、テーブル、カウンターなどなどに使う大理石も店の外にこんな無造作に置かれてる↓
interior 1 

ここ↑は郊外で、車じゃないと行けない場所だけれど。
こっち↓はクラーケンウェル(シティ近く)にあるショールーム。ぐうぜん通りかかって入ったんだけど。スペインの内装建材やさんっぽい。
inrerior 4 

この↓丸いタイルが超かわいかった。。。!
interior 5 

そしてちょっと味のあるライト専門店も。
interior 8 

あとは、ソファの生地を探しに家具屋さんに出かけたり。
interior 9 

こういうお店が身近にあったら、リフォーム楽しいだろうなぁ。イギリスの人たちは、外食や洋服よりも、家にお金をかけるって聞いたことあったけれど。なるほどなーって思ったよ。だいずも家さえあればリフォームしてみたいなー。家さえあればね!
ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。

プルーン収穫祭はじめちゃいました

さて。今年も、お隣(集合住宅)の敷地に生えてるプルーンの木から、ボトンボトンとプルーンの実が降り始めたので。

さくらさんとも相談しまして(ウソ
プルーン 1

いよいよ食べてみることに。

この日曜に拾ったのはたぶん2kgぐらいかなぁ。2割ぐらいはカジりかけだったので。鳥やリスが食べたんだと思う。あんまりにも小さいのとか、ぶよぶよしてたのは捨てて。食べれそうなのが1kg↓ありました。
プルーン2

拾ってるところにさらにボトボト落ちてくる。
落ちてすぐのプルーンはこんな風に↓ジュースが出てて。ああ、これはもしかしたら美味しいかもしれないと期待を膨らませ、ワクワクしながら拾いましたよ。
プルーン3 

これを、半分に切って種を取り除いたものをミキサーにかけて。実の重さの3割ぐらいの砂糖を加えて10分ぐらい煮て。プルーンの香りって苦手なので、、、火を止めてからチェリーのリキュールをチョロリと垂らして完成。
どーん!
プルーン4
ラベルのデザインがステキな瓶に詰めると、なんかアリガタミが増しますね。

濃ゆい赤色のジャム。こんな鮮やかな赤色に変わるんだねぇ。
プルーン5 
酸味が強くて、生のプルーンとは印象がぜんぜん違う。意外と美味しいかも。しかし、プルーンの香りはしっかり残っているね。。。プルーンの香りって、なんとかならないものかなー。

でもさーなんか、リスとおなじものを食べているって急に自然のなかで生きてる感じがしてきて、可笑しい。あのリスたちと同じ木の実を食べた仲になりました!しかもこれってポジティブに表現すれば、無農薬、樹上完熟、さらに木から落ちてからしばらく天日干しにしたプルーンをひとつひとつ手仕事で下ごしらえして仕上げたジャムなんだよ。足したのは砂糖とリキュールだけという。モノは言い様だな。

その翌日の月曜朝も400gぐらい採れ。
↓さくらさん、興味シンシン。
プルーン7 
(この色は↑実物よりも鮮やかに写りすぎ。上から2番目の写真の色が実物どおりの色です)

さらに火曜(今朝)も500gぐらい採れ。
さくらさん、もはや興味なし↓
プルーン8 
どんどんジャムにしちゃいたいんだけれど。

ちょっと前まで、ヨーグルトにジャム入れたりして瓶詰めの消費が激しかったので空き瓶いっぱいあったのに。最近はダイエットのためにジャムをやめて、ヨーグルトはプレーンで食べるようにしたのでね。必要なときに限って瓶がまったく無いんだなー。2~3個ぐらいは捨てずに取っておけばよかった!

さらに、粒が小さくて。大きいものでようやく、うずらの卵ぐらいだからさ。種取り出すの、すっごい面倒なの。500g分仕込むのにドラマ観ながらやってると1話観終わっちゃうぐらい。

だから、このペースで毎日落ちてくると、ほんと、さばききれないわー。
まだまだ木には実がいっぱい付いてるし↓
来年は間引きして、1個あたりを大きく育てさせてもらえないかなぁ。
プルーン6 
食べれることが分かっちゃったら、ダメにしちゃもったいないって気持ちが湧いてきちゃった。明日は「プルーンを煮なければならないので」とオシゴト早退を申し出てみようか。挑戦の日々。

ランキングに参加しています。ぽちっとすると今の順位が分かるよ。応援してくれると嬉しいです。